皆様、こんにちは。

空手のパワーのついての続きです。

ただ漫然とウェイトトレーニングや自主練をこなすのではなく、ハイパワー寄りのミドルパワーの養成をすることが大事であるということを書きました。

しかし、どれだけの頻度でそれを取り入れていくか、ということが問題になっていくと思います。

参考までに申しますと、木山仁師範(第8回世界大会.松井派優勝)は、アンクルウェイトをつけてのシャドー、ダンベルをもってのシャドー、砲丸投げ、そして人を背負っての走り、といったことを取り入れていました。

ファイル0091 (4)
    木山仁



とにかく突きや蹴りの打ち込みを1日1時間以上フルパワーで蹴りこむことで、身体のチューンナップが施され、彼は身長176センチでありながら92キロもの体重にアップすることができたのです。

彼は、100キロくらいしかベンチプレスで挙げれないということを読んだことがあります。

やはりハイパワー寄りのミドルパワーの養成と、突き蹴りのサンドバッグやミットへの打ち込みが中心だったようです。

だからと言ってウェイトトレーニングをしなくていい、というような誤解をしては欲しくないです。

ウェイトをしていく中で、こういったトレーニングをしていくのが王道のようです。

彼は最初、中量級の選手だったのです。

それで世界ウェイト制の中量級で優勝し、そして次の4年後の世界ウェイト制で軽重量級でも優勝し、更にウェイトアップして重量級の体重まで上げ、無差別の世界大会でも優勝したのです。

ファイル0096 (1)


ですからここまでの軌跡をみると、


ハイパワー寄りのミドルパワーの養成(3種類以上)
突きや蹴りの打ち込み1日に1時間以上
ウェイトトレーニング



これが、パワー養成の方法だったようです。

しかし、これをどれだけ自分のトレーニングに取り入れるか、ということに関しては、少量の重さから始めて徐々にできる限りで高めていって、自分の時間の許す限りしていくほかないです。

以下の、極真のハイレベルの選手たちのトレーニング例をみながら、参考にして自分のトレーニングに取り入れるということですね。

http://karatemen.grupo.jp/free2566937

空手に必要なパワーの種類とその育成法
http://karatemen.grupo.jp/free1915562


これまで稽古法や訓練法に関して、どのような方法がいいかは、いろんなことを模索していくうちに閃く、ということを話してきました。

やはりやりこんでやりこんでいくうちに、勝利の女神が味方してくれて、ある時ふと気が付くことがある。

それがものすごく有効な方法であったりするということですね。

何かいい方法はないかなあなどと思っているだけで、何も行動しない人には女神が味方してくれない、方法が閃かないということを話してきました。

megami.gif


やはりピンときた人は、とにかく行動してみる、そのことで閃きや最高の方法を見つけることができる、ということです。

これはこと空手やウェイトトレーニングだけでなく、いろんなスポーツであれ、仕事であれどんな分野でも同様です。

そのことを指摘して今回は終了したいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

harlmenn



















・ホーム



・メルマガ登録

皆さん、こんにちは。

これまで昨年の極真空手の世界大会について書いてきました。

特に新極真会に重きを置いて書きましたが、この団体では日本人がいつも入賞し、そして優勝できているのは、なぜかということを考えると、やはり日本人が王道の練習法をしているからだ、ということがいえると思います。

格闘技は合理的なもので、空手なら相手の技よりも速く、そして強く、そして体は頑強にしていくことで勝てるのです。

nikutukuri_0017.jpg


それでいて素早く動き、相手の技が来たら受けるか躱す。

それを延長になった時、また勝ち上がったときは体が張り、疲労しているときでも敢然とこなす。

これは簡単なようでいて非常に難しいです。

そのために、1日に6時間の練習をこなす必要があるということですね。

uttykara.jpg



それができないサラリーマンなどは、できる限りの時間を見つけて練習に打ち込む、という姿勢が必要ですね。

その王道の方法をしていれば、必ず強くなるということですね。

それをせずに、やれ間合いがどうたら、距離がどうたら、手の位置がどうたらといった些細な事を最初にありきで、綺麗な組手を最優先にして雑誌等で流布している極真会館(松井派)の練習法では全体的に強くなれないのは明白です。

しかしそれでも日本人が昨年の世界大会で優勝したのは、日本人向けにルールをアレンジしたからとしか思えません。

逆に新極真会で流布されている王道の方法であれば、全体に「自分でも強くなれるんだ!」という気概をもつ事が出来て、全体的なレベルアップが見込めるのです。

昨年の世界大会のテレビで放映されていた日本人の練習風景をみたら、いつになっても人間は動物なんだ、ということがわかった次第です。

強く速く攻撃を出し、素早く動き、相手の技に反応し、相手の技を受けそこなったらスタミナが消耗する。

tiredtoren.jpg


完璧な組手をすることは誰にもできませんから、そのためにはスタミナをつければいいのです。

それでもそれを維持するためには、それらが出きるようにするために、常に修練を怠ってはならない、ということですね。

やはりいくら練習を重ねても、息1つ切らずに勝てるようになる、というのはいくら科学が発達したこんにちでも不可能だ、ということですね。

そんなの当たり前だ、と言われそうですが(笑)、私が幼いころには超人的なアニメキャラを見ていたら、息1つ切らずに勝てるようになるのかな、と思っていましたが、現実はそんなことはないのです(笑)

強く速く攻撃を出し…ということをしていれば、誰しも息の切れるようになり、体も疲労するようになるのです。

ましてや相手の強い攻撃を受けていたらなおさらです。

まったく息1つ切らずに勝てるようになるということはあり得ない、ということですね。

アニメの世界ではあり得るでしょうが(笑)

そのことを分かったうえで、相手よりも頭1つ抜きんでた存在になるためには、1日に何時間も多く練習をこなさないとできた話ではないのですね。

またいくら気力があっても、また最強の極真空手をしていても、テクニックだけで自分より重い相手に勝つことはできません。

自分より重い相手が、効くような攻撃力がなくては。

それもやはり格闘技は合理的なモノですから、その理にかなった方法で勝つことを考える必要がありますね。

そう、自分の体重を重くするということです。

そのためには、ウェイトトレーニングを既定の回数を週にこなし、のみならず自分の体重の値と同じ値のグラム数×2倍タンパク質を毎日摂っていかなくてはならないのです。

pressude.jpg


例えば80キロの人なら、80×2の160グラムのタンパク質を毎日摂っていかないといけないのです。

それもタンパク質単体では吸収率がよくないですから、炭水化物、脂肪、ビタミン、ミネラルを同時にバランスよくとっていかないことにはかないませんから注意が必要です。

タンパク質を160グラム摂るのには、かなりの量の肉を摂取しないことにはかないません。

であるならば廉価で摂取するために、プロテインを勧めているのです。

explosionwhey.jpg


それでいて炭水化物、脂肪、ビタミン、ミネラルもとっていかないとかなわない。

お金がかかりますね~。

その通りです!(笑)

でも生を受けて、青春時代は1回しかないのですから、そこは敢然と割り切って行動していく必要がありますね。

そんな青春をかけて臨もうとしているあなたたちを心から応援しています。

今回はこれにて終了します。

ここまでの精読に感謝いたします。

fumicha



















・ホーム

・メルマガ登録

今回はお詫びの文章を書こうと思います。

昨年は新極真会と極真会館(松井派)の両派で世界大会が開催され、ともに日本人優勝できました。

松井派は、16年ぶりの日本人の優勝ですから、これほどうれしいことはなかったでしょう。

一方、新極真会の方は、ダークホース的な選手が入賞、あるいは勝ち上がり、危なげなく日本人選手たちも勝ち上がり、優勝者のほか3人の選手が入賞したのですから、これほどハラハラドキドキすることはまれでした。

その内容は、いかにも空手で勝つという王道の修練法を、日本人選手はもちろん海外の選手もしているからこのような接戦になり、観ているほうも感心するのですね。

しかし、松井派では4年前の全日本大会からルールを大幅に改定してしまい、それによると、足掛けで転ばして残心を取れば技あり、あるいは上段蹴りが軽くヒットした後に残心を取れば技あり、あるいは相手が後ろ回し蹴りを放つ瞬間に蹴りを出して転ばしそこで残心を取れば技あり、という実に味気ないルールになってしまったのです。

1104_kyokushik.jpg


このルール改定で行われた最初の大会をみたときに「実に味気ない、つまらない、突き蹴りで相手を倒すことを標榜してきた極真空手の理念をぶち壊すルールだ!」と思ったものです。

ですので、せっかくハードディスクに録画しても、つまらないし興味のわかない内容に成り下がってしまったので、DVD-Rに録画せずに消去しました。

そのルール改定によって日本人選手が全日本、世界大会問わず多く入賞できるようになったことは明らかでしょう。

しかしいつまでもそれが通用するのかな、という気もすることは間違いないです。

それよりも、こんなルールになってしまって、それに不平を言う支部長なりがいない、ということが私には理解不能なのです。

上のいうことには無批判になりがちなのは空手であろうと宗教であろうと構わず共通する事項ですね。

これは、長である松井章圭氏の価値観によるところが大でしょう。

shoukeymn.jpg
  松井章圭


かねてから松井氏は、その組織の機関紙である『ワールド空手』において、力やスピードや身体的な頑強さの向上についてはほとんど言及せず、テクニカルな組手をすることを第一に説明していました。

それでは、難しく難しい印象を与えて、生徒たちにやる気を起こさながちになり、一部の人間しか強くなれない、ゆえに全体的なベースアップがなされずじまいになってしまっていることは明白でした。

それが、これまで松井派の世界大会で日本人が勝てなくなってしまった原因でしょう。

創始者がなくなり、次の後継者の価値観が出て、その人間性や決定事項に不満を抱く人間がその組織を脱退して別の組織を作る、ということはこれまでの宗教や他の格闘技の団体でもどうように無数にあるのはこれまでの歴史をみれば明らかでしょう。

その変化は必然と知的武装をしていかないと評論など書けないのです。

しかし、それにしても松井派のルール改定はひどすぎないか?と思われてしかたないのですね。

その改定内容に不満を抱いて批判しない、それどころか、そんなルールで自分の属する選手が技ありを取ったときに驚喜にむせいでいるセコンドの人たちを見て、「こんなルールで取ったって嬉しくないだろう?」と瞬時に私は思ってしまうのですが、どうもそうではない(笑)

また昨年の松井派の世界大会のテレビ放送を見て、そんなルールによって強豪外国人選手が技ありを取られて敗退というシーンをみたら、「こんなんで技ありになっちゃうの?外人選手がかわいそうじゃん、やり直しだよ!」と私などは思ってしまうのですが、観客の日本人たちは驚喜している。

これまでのルールで、強豪の外人選手に技がクリーンヒットして技ありになったら、瞬時に空手ナショナリズムが燃え盛り「やったー!」と歓喜にむせんでしまっていたのですが、そんなルールで技ありになってしまったシーンをみても、喜ぶこともなく実に味気ないと思うだけで終わってしまいますね。

うれしくもなんともない。

要するにつまらないので、コメントする気になれずに、その映像をハードディスクから消去してしまうのですね。

こんなルールはフルコンタクト空手ではない、という思いでいますので日本人が久しぶりに優勝できたといっても全然喜べない、ゆえに祝福する気にもなれない、ということですね。

上田幹雄選手が優勝できたことを蹴落とすわけではないですが、やはりこんなルールで優勝できても面白みがないのです。

mikkyzda.jpg
  上田幹雄


ですから、その奮闘記や日本人選手の調子やレベルだの、その他賞賛すべきことなどは書く気になれないんですね。

ですから以前に、松井派の世界大会について論じると書きましたが、その気はまったくなくなってしまったのですね。

17世紀にキリスト教界はカトリックプロテスタントと大きく2つに分かれてしまいました。

その直後に、カトリックとプロテスタントの両派において、互いを批判する論者があらわれて論争が出来たり、批判本が出たりしたのは想像に難くないですね。

syuukyoukak.jpeg


95年の極真分裂の当初、今の新極真会の母体となった極真会館(大山派)を支持する人の数は松井派に比べて少なかったことは間違いないです。

本元から離れたあぶれ者たち…こんな雰囲気があったのは確かです。

世界大会でも、外国人選手のほとんどは、松井派の世界大会で出れなかった人たちを集めた大会でしたから、レベルの低さは一目瞭然でした。

昨今の新極真会の外人選手のレベルにまでいくには10年以上が必要でした。

しかし、話題性の低さは相変わらずで2000年前後においては、支持者が少ないために観客が少ない。

ゆえに、全日本大会を1日間の開催にしてエントリー選手を80人に減らした時期もあったくらいです。

しかし、支持する人たちが徐々に増えていって、再び全日本大会2日間で開催されるようになり、世界大会も2日間の開催でしたが昨年の世界大会の最終日は、満員の状態でした。

一方、松井派の世界大会では、最終日には観客の数で新極真会のよりもかなり少なくなっていたのがわかりました。

ついにここまで新極真会の支持者が増えたかと歓喜の思いになりました私は。


分裂から最初の世界大会において、新極真会の方にエントリーした外国人に比べて、今の方が各段にレベルアップしたということもその理由でしょう。



sekaichamps.jpg


これは、やはり松井派松井章圭氏の綺麗な組手第一の指導法によって難しい印象を与えてしまい、それで多くの脱落者を出してしまった。

それゆえに組織全体のベースアップが図られずじまい、それゆえの世界大会での日本人の敗北続きによる魅力の減退。

また松井章圭氏の人間的な魅力のなさへの失望(自分の元師匠や先輩を自分の一存だけで除名にする、またその除名にされた支部長の傘下の支部長たちの離脱、その松井氏による決定についての反対者の離脱etc)。

またマウスガードの購買強制や本部公認の防具購入をしない者への試合参加否認などの不条理さ。


こういったことが折り重なって松井派から離れていき、それで他の派おもに新極真会への加入者が増えていったのだと考えるのです。

中でも最大の理由は、あのルール改定ではないかと思われるのですね。

転ばしてすぐに残心を取れば技あり、上段にちょこっと当ててすぐに残心を取れば技あり、なんていうのはもう空手でも何でもないと考える人が多く出て当然でしょう。

zenzaigf.png


ましてや60年代や70年の一撃必殺を標榜した極真空手にあこがれて入門した人にとっては。

私のブログにもそのことに賛同して、コメントを書いてくれた人がいまして、嬉しくなりました。

それをみていただけたらなと思います。

Hatena Blog


最近YuTubeをみていると、松井派の支部長で、いかにうまく相手を転倒させて技ありを取るかを、実演して解説している人がありましたが、それをみて「転ばせるのが空手じゃないだろう!」と反感を持ったのが実情です。

このような変化をみて、ますます松井派が本来の空手から遠ざかっていくんだなあと哀しくなりました。

松井派に属している人で、やはり今の行き方に疑問を呈しながら、そのまま松井派に居続けるのは、そのやり方に賛同しているのと一緒です。

それに反対し、良き方向へ進んでいると思われる団体に属すことこそが、空手界にとって良き方向へ導くことになるということを覚えておいてほしいものです。

このような思いでいるので、私は松井派の世界大会についての論評はしたくないし、意味がないと思うのですね。

ですからこれからは昔の極真会館や、今の新極真会について論評をしていきたいと思っています。

今回は之にて終了いたします。

ありがとうございました。

talkuetGRP_0033

・ホーム



・メルマガ登録

新極真会の昨年の世界大会において島本選手優勝し、そして彼含めて4人の日本人選手が入賞したことで、空手母国の威信が保ててよかったと思います。

しかし、その反面、リトアニアの台頭著しく、茶帯でありながら全日本大会で準優勝した山本和也選手までも食ってしまったエヴェンタス.グザウスカスに注目しました。

yamamoto-loose.jpg
山本和也 VS エヴェンタス.グザウスカス


リトアニアには彼のように接近して良し、離れて良しというオールラウンドな組手をしているのみならず、技がどれも重く、スタミナ切れもなく、打たれ強いという選手がゴロゴロいるわけです。

しかもリトアニア人は概して高身長な人がほとんどで、だれもが190センチ前後の人ばかりなのです。

王道の通りにやっていることで、こういうダークホース的な選手が突如出てくるのです。

王道の通りとは、空手で勝つための理論通りということ。

組手の器用さや綺麗さ、華麗さといったものは二の次、三の次でいいんです。

それよりも、体力を全体的に高めて、攻撃力を高め、打たれ強く、そしてスタミナを高めればそれでいいのです。

このようにシンプルに考えさす情報を指導する立場の人が出すことで、いろんな多くの人が
「自分でもできるんだ!」という楽観的な見通しが持てて稽古に励み、トレーニングにいそしむようになる。

そのことで全体的なベースアップがなされるのです。

1部の人しか強くなれない、というような情報が流布されていては、1部の人しか稽古やトレーニングに励まないゆえに、全体的なベースアップなど望めないのです。

リトアニア人は、概して身長が高く190センチ前後の人ばかりです。

それでいて基礎体力も高い。

kissluest.jpg
 リトアニア選手団


身体能力も高いのは、新極真会のヨーロッパ大会のビデオを見れば一目瞭然です。

こんな人たちばかりでは、もう日本は危ういですね。

発破をかけなくてはいけない。

ただ新極真会で流布されている指導情報というのは、日本であろうが海外であろうが、だれもが自分でも強くなれる、という楽観的な代物であるために、やはりダークホース的な選手がいきなり台頭してくることが多々あるのですね。

例えば、19歳のポウリウス.ジマンタス(リトアニア)は、世界大会前は前評判が高く、潜在能力はアンディ.フグ以上と緑代表がアナウンスしていたくらいですが、いざ大会が始まると、イリヤ.ヤコブレフ(カザフスタン)に接戦の末負けてしまいました。

それのみか、ヤコブレフ選手はロシア最強のナザール.ナシロフ選手まで食ってしまいました。

iritan.jpg
イリヤ.ヤコブレフ

そのヤコブレフ選手は、もう全盛期を終えていたヴァレリー.ディミトロフ選手に敗れました。

このように順当に勝ち上がるように思われていた人が途中敗退したり、ダークホース的な選手が出てくるのが、世界大会の面白みの1つなのですね。

それはひとえに、だれもが楽観的な思いを抱いて稽古にトレーニングに励んでいるからにほかなりません。

自分はいくらやってもダメなんだ、という悲観的な思いしか抱けないところでは、こういう現象が起こるはずはないのです。

自己満足な稽古をしてないか、ということは空手をしていれば、必ず戒めることとして言われることです。

しかし、それと同じように「自己満足な指導をしていないか?」ということも指導者は戒めないとだめですね。


GRP_0583.jpg

ずっと維持しなければならないことはなにか。

出来なかったときだけ注意して、できるようになったら褒めることを怠ってはいないか。

傍らでみている人にしかわからないことをきちっと指摘してあげているか。

枝葉末節てきなことを最重要に思われるように教えていないか。


こういったことは常に心に留めないといけないことなのですね。

ですから、独りよがりの稽古内容もさることながら独りよがりの指導法は更に戒めないといけないことだと私は思います。

今回の新極真会の世界大会をみてそんなことを考えてしまいました。

今回はこれにて終了します。

●弊社発行の空手の冊子は以下です。

よろしければ覗いてくださいませ。
  ↓
http://karatemen.grupo.jp/index

では失礼いたします。

kunGRP_0047


・ホーム

・メルマガ登録

前回の続きをしましょう。

リトアニアエヴェンタス.グザウスカス選手は、3年前の世界ウェイト制大会の準々決勝において、現役世界王者島本選手を相手に本戦から押して、予期せぬ間合いからの上段蹴りを見せたりして警戒させ、攻撃力が強く手数が多かったため、相手の息を切らせるほどの健闘ぶりを見せながら、延長2回で惜しくも敗れたということを話しました。

guzauskas.jpg
  エヴェンタス VS 島本


しかし、彼の凄さはそれだけではなかったですね。

ヨーロッパ大会のビデオを見ると、その強さがわかりました。

接近戦のみならず、遠い距離からぐんと速い突きがボディに襲ってくる。

回し蹴りのみならず、いろんな上段もどんな距離でも出せる。

膝蹴りもだせる。

接近戦に持ち込むと肩への肘打ちをかます。


要するにオールラウンドプレイヤーなのですね。

離れてよし、接近してよしという盤石さを備えていたのですね。

僅差判定というのはほとんどなく、攻撃力の高さゆえに、相手が完全に疲弊しているのが素人でもわかるほどです。


ゆえにあの島本選手を世界ウェイト制においてあそこまで追い込んだのですね。

こういう強さは、彼だけでなく他のリトアニアの選手の多くが備えていることなのですね。

だから警戒が必要です。

それで彼の真価が問われたのは5回戦でした。

相手は前年の全日本大会で準優勝した山本和也選手

やはりこの実績をみれば、山本選手が勝つのではないか、と思われた試合でした。

kazuyandoss.jpg
  山本和也


山本選手は自身が勝つセオリーがわかっていたようで、蹴りのすぐ後に、鉤打ちをするのですね。

これで相手のスタミナを奪うという作戦でいたのでしょう。

その技で一本勝ちしたこともありましたね彼は。

しかし、エヴェンタス選手はひるまず、果敢に打ち合いに臨み、決して退かない。

やはりどちらも突き蹴り両方がパワフルでさすが、と思わざるをえなかったですね。

時折、膝蹴りを上段にかまして警戒させる、一進一退のいい試合でした。

エヴェンタス選手の得意とするところは、突きからの膝蹴りの連打ですね。

相手が、スタミナ切れしかかっているところで、果敢にそれをされたらスタミナトレーニング不足の選手ならひるんで負けてしまいますが、やはり全日本大会準優勝山本選手ゆえに、打ち合いに臨み、本戦引き分け。

そこで山本選手は負けじと、上段蹴りをぶちかまします。

相手がそんな強豪でしかも延長戦において、スタミナが減っているときにそんな芸当ができるなんて…かなりハードな練習してきたな、と思わせるに十分でした。

そして果敢に打ち合いに持ち込む。

一瞬エヴェンタス選手がひるんだので、山本選手の勝ちか?と思われましたが、そこからが彼の真骨頂。

スタミナ切れの状態でも、力を振り絞って付きからの膝蹴り連打をかますと、山本選手は押し返すことができないまま延長戦終了。

yamamoto-loose.jpg
  山本 VS エヴェンタス


エヴェンタス選手の圧勝になりました。

ここまでやるか茶帯なのに!と誰もが驚嘆したでしょう、全日本大会準優勝者を初出場選手が倒してしまうのですから。

しかし、そのことの代償が大きかったのは明白でした。

やはり足に多大なダメージをおってしまったのでしょう。

次の準々決勝では、外国人最右翼のマシエ.マズール選手と対戦し、本戦で一本負けを喫するのです。

この試合では、中段突きの一本負けということになっていますが、試合のビデオを見るとわかるように、中段突きの前に当たった下段蹴りが後を引いて中段突きが刺さったときに倒れたので中段突きということになっていますが、蹴りが効いてしまったのでしょう。

足を押さえてうずくまっているのがわかります。

eventas-loos.jpg
 エヴェンタス VS マシエ


しかし、周知のようにこの大会では島本選手優勝します。

その2年前には彼が勝っていると思われてもおかしくないほどの健闘ぶりをしていた。

それなのに、差が出てしまっていたのですね。

その差を埋めるべく彼はとことん修練を積んで、次の世界ウェイト制、あるいは世界大会に臨んでくるでしょう。

のみならず、リトアニアには彼のように接近して良し、離れて良しというオールラウンドな組手をしているのみならず、技がどれも重く、スタミナ切れもなく、打たれ強いという選手がゴロゴロいるわけです。

しかもリトアニア人は概して高身長な人がほとんどで、だれもが190センチ前後の人ばかりなのです。


kissluest.jpg
 リトアニア選手団(新極真会)


これは警戒しなくてはなりません。

次の世界大会を制するのはリトアニアかもしれません。

ここでまた、大山総裁の言葉を引用しましょう。

館
  大山総裁


「次の世界大会を制するのは間違いなく旧ソ連。日本は絶対に無理だよ!」

リトアニアも旧ソ連の1つでした。

経済があまりうまくいっていない国の民は、めげない選手が多いのですね。

精神的にかなり強い。


しかし、日本は豊かだからハングリー精神がない、とは言い切れないですね。

そういう人もいることはいますが、それだけで一般化はしてみるべきではないのです。

空手母国を守る、という使命感に燃えたときのナショナリズムはどこの国も持つことはできないのです。

逆に豊かだからこそ、その恩恵に浴して、いろんな食物を食べ、いろんなサプリをとることで、強くなれるのです。

explosionwhey.jpg

貧しすぎていてはその恩恵に浴すことはできないですから、其のプラス点については大いに享受すべきでしょうし、大いに感謝すべきでしょう。

卑下すべきではないのです。

その良さを生かして、次の世界大会において、日本人選手へ期待をしているのです私は。

今回は之にて終了いたします。

●弊社発行の空手用冊子は以下です。

興味ある方はのぞいてみてくださいませ。
  ↓
http://karate-rush.info/index.html

ありがとうございました。

失礼いたします。

11ace383-s


・ホーム



・メルマガ登録

次のページ