『ノーマークの支部から強豪が…高知編』

ノーマークだった支部から強豪が出現する、という関連で話をしていきたいと思います。

今回は、新極真会の高知支部ですね。

極真空手が分裂した95年当時には強豪と呼べる人はいませんでした。

しかし、最近ではこの支部には野本尚裕という強豪を生み出すことに成功しました。


gedanshokunin.jpg
右が野本尚裕


この人は、「下段職人」というニックネームができるほど下段蹴りを得意とします。

1試合につき100発を超えるほどの蹴りが出ます。

それくらいに蹴りが得意なのです。

この人を知ったのは2007年の新極真会の世界大会の放映をテレビでみたときですね。

あまりの下段の威力に、相手の外国人は腰が引けてただ後ろに下がる姿勢が伺えました。


tsukamotokudas.jpg
第23回全日本ウェイト制大会で世界王者塚本を降す野本(2006年) 

前にもこのブログで紹介しましたが、下段というのは技量の差があってもだれでも蹴れるものなのです。

しかし、それであるからこそ、他の人と差をつけるためには蹴りこみの回数を人の何倍もしなくてはならないのです。

それを野本選手はこなしたからこそ、人がおじけづくような組手になったのですね。

世界大会史上外国人として初めて決勝進出したアンディ.フグは1日に1000本から2000本をサンドバッグに蹴りこんだそうです。

haguandi.jpg
アンディ.フグ

こういった理論を見つけて、周りはどうあれ敢然とこなしていくことによって人と差がつく。

そういう選手が、ノーマークかそれに近い支部からいきなり出てくるからこそ、こういう現象を歴史的に見ていくのは面白いですね。

野本選手は、第8回から10回まで連続して3回世界大会に出場したのですね。

これもやはり驚異ですね。

この野本選手を擁する高知支部の支部長は今新極真会副代表を務める三好一男氏ですね。


miyoGRP_0061.jpg
  三好一男

この支部長も松井章圭氏に反旗を翻した人ですね。

そして総本部時代の松井氏の先輩でもあるのですね。

先輩後輩の関係にあった人が別れてしまう…非常に残念であることに間違いはないですが、その気持ちを汲むように何故また1つになろうという気風が生まれなかったのか私は不思議ですね。

まあ当事者ではなかったので細かいコメントは控えるべきなのかもしれませんね。

分裂が決定的になった某会議において、三好副代表は松井氏に「何だ、その口のきき方は、松井っ!!」と怒鳴ったといわれる。

前回の黒岡師範の時と同じように、三好師範のコメントも『ゴング格闘技』に載っているので引用しましょう。

「あることを決定する時に議会では松井君山田(雅稔)先輩はすべて「もう決まったから」という事後報告なんですね。

こういうことが重なっては、二人で決めていると思われても仕方ないでしょう。

五来(克仁)がニューヨーク支部長になった件も支部長会議にも一切連絡は入ってこないんです。

これも事後報告。 常識では全く考えられないですよ。

もし松井君たちと和解する時が来るとすれば、彼がもとの通りの一番下の支部長として出直すときだけです。」

このように松井氏は、組織の長として信頼を失うことを何回も繰り返していたようです。


shoukeymn.jpg
  松井章圭

でもこれは、松井氏が、いきなり大組織の長になって、そういう長たるべく姿の勉強をしないままに、ぶっつけ本番のような観で、そういう職についたがために過ちを繰り返してしまったということは充分に考えられる。

こうしたら下の人たちからどう思われるか、そういった事は、自分が下の人間の時に経験してこなかったということもあり、突っ走りすぎたのは間違いない。

私が支部長という立場の人間からいきなり館長という職に就いた後に、こういった過ちを犯すことは絶対にないか?と問われれば、そこは保証の限りではない。

犯すかもしれないし、犯さないかもしれない。 正直わからないのである。

であるからして、館長就任からの1年間の松井氏の動向について批判はしたくないし、する権利もない。

しかし、全国で半分以上の支部長が辞めてくれといったのだから、やはり本人はやめるべきであっただろうし、私も同じ立場だったらやめるだろう。 

しかし、そういう職に就いたことがないので、わからないが、そういう職に就くとやはり辞められないものなのだろうか?

大山総裁の遺言が無効であったら私は降りる。」と公言していたが、最高裁でも遺言は無効とされたのにもかかわらず、松井氏はいまだに降りていない…これはどういう事だろうか?

確かに、極真会館の重鎮たちの多くが、大山総裁から呼び出されて、「私の後継は松井にする」といわれたことは事実のようである。

それに松井氏はこだわっているのだろう。

しかし、松井氏が館長に就任してからは、松井派の会員は不必要な出費を強いられたり、不必要なものを買わせられている。

本部会員登録や本部公認のサポータをつけないと試合に出れないといった事である。

しかも、2016年からの大幅なルール改定で、上段に足がさく裂し相手が体勢を崩し、そこで決めのポーズを取ったらそれで技ありというルールに変更されてしまったのである。

これは1撃必殺を標榜する極真空手をますます魅力ないものに変えていくことになることは間違いない。

価値観や解釈の違い、人間関係のもつれによって同じキリスト教でも、団体や国や地域によって決まりや規律が違ってしまっている。

元は1つだったにもかかわらず…。

それと同じように、極真空手も派によってルールや規則が違ってしまっている。

まるで違う流派のような観を呈している。

しかし松井派のそんな寸止めに毛が生えたようなルールでは、魅力のないものになっていくことは間違いない。

一撃必殺が極真の魅力だったのだから。

このルールを再び元に戻さねば、松井派はますます魅力ないもののままで終わるだろう。

今回紹介した野本尚裕のような誰もが憧れる組手をする人間も出なくなることは間違いない。


maohoro.jpg



今回はこれにて終了します。

ここまで読んでいただきありがとうございました。


yuminGRP_0095.jpg









・ホーム

・メルマガ登録 





 【PR】炭水化物を摂っても太らない方法!ダイエットも知的に!

このサイトに来ていただき感謝します。

今回は, 「ドーナッツやスナック菓子を食べても太らない方法」について書いていきたいと思います。

その方法は、「先に豆乳を飲んでおく」ということですね。


ishurabonbon


すると満腹中枢を刺激して、スナックの量が少なくてすむのです。

豆乳に含んでいる大豆サポニンが腸内環境を整え、糖質や脂質の吸収を抑えるのです。


どうでしたか?

これまで5回にわたって、方法をお教えしましたが、果たしてどれくらいの人が、脳内にこの知識を収めてくれたでしょうか?

これらの方法が必要ないと思われた方はいいですが、スナック菓子やドーナツを食べると止まらない、あるいはどうしてもやめられないがダイエットに成功したい、とい人は絶好の情報だったと思います。


kassy


それをいつまでも忘れずにいるためには、やはり、記録あるいはお気に入りに入れておく、ということが必要と思います。

人間の脳というのは、僕のも含めて上手くできているようでそうではないのです。

「いい情報だ!」と思っていても
3日後には忘れてしまうものです。

ですから、記憶に頼るのではなく、「記録」あるいは「お気に入り」に入れて何回も見て、その内容を実行する。

それできちんとした揺るがない情報になるのです。


僕が帰宅してからやろう、と思ったことは、帰宅して記憶を呼び起こそうと思ってもやはりできないのですね。

そうならないように、
「やらなきゃ!」と思ったことは携帯電話に書いておくのです。

そして、帰宅してから携帯をみる。

すると、「ああ朝こんなことしなきゃと思ってたな!」なんてことを思うものです。

小学生時代とは違って、仕事等しなければならないことはいっぱいありますから、記憶に頼っていると、忘れてばかりで、いつまでもこなさなければならないことを忘れがちになります。

ことはダイエットも同様です。

「ダイエットも知的に!」


このことを忘れないようにしましょう。

kuvire



参考にしてくださいませ。

●弊社おススメのダイエットの商材が以下になります。


『NO!ストレスダイエット』


1200人の成功者輩出 

120日以内ならいつでも返金可能です!

メール相談120日間無制限

アフターフォローメール 90日間

何度もダイエットに失敗してきた人用のマニュアル

時間が不規則な人のためのマニュアル

実際の疑問と回答を書いたQ&A集 53問





今回はこれにて失礼いたします。


ここまで読んでいただき感謝いたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):