女性格闘家やダイエッターには肌も綺麗になってほしい!<コアスリマーのススメ>

最近は筋力アップを目指す女性のためのサプリが流行ってますね?

HMBがその1つです。

これは、普通のプロテインではなく、そのプロテインから抽出されるロイシンを集約してつくったサプリメントです。

それは多量のプロテインから抽出するわけですから、それは貴重なわけです。

しかし、そのロイシンが効率よく筋肉のバルクアップをしてくれるというのが証明されたのですから、興味一興のある方は使用しては?ということですね。

しかし女性の立場から言わせれば、やはりただ筋肉のバルクだけでは物足りないですよね?

同時に綺麗な肌にならなければ。

GRP_0393


私も単にバルクアップだけするのではなく、スタイルも良くなって、肌も綺麗になってくれた方が、見ていて気持ちもいいです。

ですから、ただHMBだけ摂ってバルクアップするのではなく、スタイルも良くなって、肌も綺麗になる。

それこそがエクササイズをしている女性もそうありたいですよね?

それを叶えるサプリが、「コアスリマー」になります。

効率よく筋力アップもして、そして肌も綺麗になる。

これは私の女性空手家や女性アスリート、そして一般女性に望むスタンスですね。

空手家、あるいは他の格闘家であれ、ただ男勝りのボディというだけで、スタイルも良くなくて、肌もカサカサでは見る影もない、という感じですよね?(苦笑)

どんなに高いクリームを塗っても、コマーシャルの「イメージ図」のように、どんどん肌に染み込むなんてことは、実際には起こりません。

染み込んだとしても、ほんの薄皮い一枚くらいまでです。

実はそんな高いクリームを使って、ほとんど効果がない方法よりも、もっと簡単にお肌がキレイになる方法があります。

ヒントは、「腸」です。

実は、腸をキレイにするのが、お肌をキレイにすることに直結しています。

bihadawo

簡単に説明をしますね。

体の中で「解毒」を担当しているのって、どの臓器だか分かりますか?

一般的に言って、解毒を担当していると言われているのは「肝臓」です。

そして、その肝臓の次に排泄を手伝ってくれているのが、実は今日の話の主役の「お肌」なのです。


そしてその排泄は、「大人ニキビ」や「かゆみ」「できもの」といった形で現れます。

それでは、それらの症状を引き起こす「毒素」というのは、一体どこから来ると思いますか?

実はこの毒素は、「便」が排泄されないことで発生します。

つまり、便の中の毒素が、腸壁から血管へと染み出し、血管を通して全身にめぐってしまいます。

つまり単純にいえば、便秘になることが肌荒れに直結しているというわけです。

よく、便秘になると肌トラブルが現れる、と言われるのは、実はこういう原因があったのですね。

そしてそれならば、便秘を改善すれば、肌がきれいになるということになります。

ですがここで、下剤や便秘薬を使っては意味がありません。

それ等は、ほんの一時しのぎに過ぎません。

しばらくしたら、また便が溜まってしまいます。


しかも下剤や便秘薬は、使えば使うほど、効果は弱まっていきます。

ですから、肌をきれいにするには、腸を「根本的に」きれいにする必要があります。

そしてその鍵は、「普段食べている物」が握っているのは、美容やダイエットに関心のある女性空手家なら分かってくれると思います。

実は、食べ物をちょっと変えるだけで、腸は早ければ1週間ほどで、きれいになってくれます。

それは「水溶性食物繊維」ですね。

suiyouseibi

これを食べることで、肌がきれいになるのです。

ただし、これまで説明してきましたように、その水溶性食物繊維を吸収するためには、それだけ食べていればいいというものではなく、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルという5大栄養素をバランスよく摂らなくてはいけません。

これを細かく説明するよりも、なにかダイエットに関する本をまず1冊しっかり読むことが大事ですね。

女性空手家あるいは女性格闘家、あるいはアスリート女性はただ筋力アップやバルクアップだけを目指すのではなく、こういった綺麗さにも意志を向けてほしいものですね。

ただ強くなるだけでなく。

そういう事を叶えるためには、サプリだけでなく、食物にも気を配り、行動していってほしいものですね。

このページで紹介しているサプリであるコアスリマーにはそういう成分も含有していますが、それだけでは叶えられません。

これも美容等を研究しているかたにはわかりますね?

重要な食物をそのサプリとの併用で相乗効果を生み出すことができるのです。

このコアスリマーは筋肉アップと美肌効果を叶えるにうってつけのサプリですので、興味あるかたは覗いてみてくださいませ。

●以下よりどうぞ!









・ホーム



・メルマガ登録

今回はこれにて失礼いたします。

ありがとうございました。

前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):