『壁にぶち当たったら科学的に考え、行動するのが王道?=クレアチンのススメ!』

こんにちは。

これまでクレアチンの有用性について講義してきましたが、やはり空手家は摂るべきでしょう。

createbudou.jpg


何故なら、筋力アップのみならず、瞬発力、持久力、徐脂肪体重のアップと空手家にとってこれほどありがたい効用を持ったサプリはないからです。

筋力がアップすれば相手に重い攻撃をのせることができる。

瞬発力がアップすれば相手の攻撃よりも自分の攻撃が当たり、相手の攻撃にする反応できる。

持久力がアップすれば延長になってもスピーディに動き、スピーディに攻撃できる。

徐脂肪率が高くなれば、上記の3つを更にアップさせることができる。


こんな素晴らしいメリットがあるのですから、使わないほうがおかしいでしょう?(笑)

joudanmicae.jpg


確かに、科学的に考えずに気力だけで筋力や瞬発力や持久力アップさせる、という気概でもいいでしょう。

あまりに情報を集めすぎて、トレーニングや稽古に臨むと自分の可能性を狭めてしまうこともしばしばあります。

自分もそういう事を経験してきました。

しかし、壁にぶち当たっている人、なかなか壁を乗り越えられないでいる人は、やはりこれまでの方法を見直し、そして物事を深く、つまびらかにしていく必要があるでしょう。

その際に有効なのは「科学的に考えて行動すること」ではないでしょうか?

「この宗教に入って祈れば必ず壁は乗り越えられる!」などという言論には一切与しない私です(笑)

religeonous.JPG

私の、この意見に賛同してもらえるならば、どうかクレアチン摂取を日々のトレーニングに組みこみ、実践していくのがいいでしょう。

やはり効果がありますから。

もう1度、以下のページを確認していただきたいと思います。
  ↓
クレアチンの効用、重要性
http://karatemen.grupo.jp/free2495697


ただ、普通にトレーニングしているだけで瞬発力は誰よりも速く、筋力もあり、スタミナも自信がありだれにも負けない。

そういう自信のある人は、わざわざクレアチンなど摂ることはバカバカしいとお思いでしょう。

そういう人は摂ることを強制するつもりもありません。

しかし、そういった人でも加齢とともに、日々のトレーニングだけでは叶えられないことになっていくのは間違いありません。

その時に初めて摂って、その有効性を体感し、実感し、それを日々のトレーニングに組み込むようになる。

138.jpg


それでも全然かまわないと思います。

やはり、必要は発明の母という諺通り、自分が心底欲しいと思った時に、はじめてそういう行動をするようになるということですね。

そうなって、「バッカじゃないの!だから最初に言ったじゃないか!」などという貶し文句を言おうとも思いません。

そういう貶し文句を平気で言うようなことが自分の中学校時代まではよくありました、っていつの話ししてるんだって感じですがね(笑)

誰でも見過ごしや過ちはあるのですから、そこからいかに這い上がるかが大事なんですね。

しかし、20~30年前には考えられなかったほどのサプリの発達で、選手寿命は昨今はかなり伸びていますね。

新極真会の全日本大会では、一般部の大会で50代の人も複数人参加しているから驚きです。

GRP_0059.jpg


クレアチンもそれに寄与していることは間違いないでしょう。

そんな50代の人に負けないようにも、若い人はクレアチンを摂りましょう(笑)

クレアチンに興味の出たかたは以下よりどうぞみてください。

(Amazonサイト)


マイプロテイン クレアピュア クレアチン モノハイドレート アンフレーバー 250g


(Myproteinサイト)

クレアチン

今回はこれにて失礼いたします。

ありがとうございました。

saymetu




















・ホーム



・メルマガ登録

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):