文字のちからは、達成感と充実感をもたらす最高の威力を秘めている?

 メルマガ登録"> メルマガ登録


【PR】

空手家にとってビタミン・ミネラルの摂取は必須である。

空手家というと、筋肉隆々とした観があるが、それだけでは空手家は務まらない。

潤滑に体を動かすことも重要だし、それを3分、2分、2分という試合時間中で衰えることなく動いていかない事には試合でかつことはできないからだ。

そのビタミン・ミネラルの中で、ビタミンEは酸素の利用効率の向上、スタミナの強化、抗酸化作用をしてくれるありがたいサプリである。

●以下のビタミンEをおすすめしたい!
  ↓




大塚製薬 ネイチャーメイド E400 100粒







皆さん、こんにちは。

前回に、ノートなどに記帳する重要性を話しました。

その続きです。

今日は身体があまり調子よくない。

若干疲れているし…。


ゆえに、今日はデッドリフト100キロくらいしかできないだろうと思いながら、ジムに行く。

そして、デッドリフトをしようと、前回つけたノートを開ける。

すると、前回にはデッドリフトは、120キロできていたことを発見した。

sapurimotte.jpg


「えっ、自分はこんなできていたっけ?」と苦笑しながら、デッドリフトを開始し、122.5キロに挑戦する。

するとこの重量を挙げることができた。

「なんだできるじゃないか!」とまた苦笑する。

このように文字の力によって、行動を律することができて、しかも前回よりも内容がアップする事ができる。

こういうことが充実感につながり、次のモチベーションになるのです。

逆に、できた種目や重量を記帳せずに、自分の気分だけに合わせてウェイトトレーニングをしても、惰性になるだけで、レベルアップにならずに、更には充実感もないまま時だけが虚しくすぎるだけです。

これは、打ち込みなどのトレーニングでも同様です。

sandbaug.jpg


サンドバッグにフリーで打ち込むスタミナトレーニングも、前回どれだけやったかということを書かずに、気分だけに合わせてトレーニングする。

すると惰性になってしまい、レベルがアップしないのです。

前回は1分10セットした、ということを書いて、次に備える。

そして次のトレーニング時に、それをみる。

すると「今日は12セットやろう、前回は10セットできたんだ!」と意気込み12セットをこなす。

自分は、前回よりもこなせたという達成感がわき、次も頑張ろうという気になる。

これによって充実感が出て次も頑張ろうという気になるのです。

そんな爽快感を味わいながら、空手やウェイトのトレーニングに励んでもらいたいものです。

参考までにどうぞ!

※弊社発行の新商材は以下です。

空手家が日々どのようなウェイト、サーキット、打ち込み、シャドーといった各種トレーニングをしていけばいいか?

日数は?時間は?

それに伴ってどのようなサプリを、食物をどういうタイミングでどれだけ摂っていけばいいか?

またどのようなものを摂ってはいけないか?

また試合のシーズンオフ、試合前、あるいは試合の日、どのような食物サプリを摂っていけば良いか?

そういった事を網羅的に書き下ろされたものはないですよね?

雑誌では断片的に書いてあるだけで…。

そういう網羅的に、系統的に情報を詰め込んだ空手家に必須の冊子をお作りしました。

『空手のためのトレーニング理論、摂取物の理論大全集』です。

ヤフオクで出品していますが、定価販売ですから競り上げられる心配はありません。

以下よりどうぞ!
  ↓
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g510081980


今回はこれにて終了します。


ここまで読んでいただき感謝いたします。

sakuraj_00


















・ホーム



・メルマガ登録

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):