昨年の新極真会の世界大会において突如として強豪選手たちをねじ伏せて勝ち上がり準優勝になったマシエ.マズール選手の偉業と、その不器用ながらも王道の修練を積み重ねていったことで強くなったということを書きました。

また、あまり注目はされていなかったけれども、強豪に打ち勝って入賞した選手たちもいたことを指摘しました。

今回は、その面について書いていきたいと思います。

注目したのは6位になったエヴェンタス.グザウスカス(リトアニア)選手ですね。

eventas.jpg


彼の強さについては世界大会の2年前の世界ウェイト制大会の時から注目していました。

この大会の準々決勝において、島本雄二選手と対戦したのですね。

このときは、まるで無名の選手でしたから、島本選手が難なく勝つだろうと思っていましたが、そうにはならなかったですね。

島本選手が、渾身の蹴りを出すもひるまない。

得意の突きを出すもひるまない。

逆にエヴェンタス選手は、予期しない距離で急角度で上段蹴りや上段膝蹴りを出し、島本選手をヒヤッとさせます。

guzauskas.jpg
エヴェンタス VS 島本


のみならず技全般が強いので島本選手が息を切らします。

本戦が終了したときに、島本選手が結構な汗をかき、息をきらしてハアハアいっているのがわかりました。


「現役世界王者をここまで追い詰めさせるか!しかも茶帯で!」と驚愕の思いになったのです。

もしこれが島本選手ではなく他の選手であれば、おそらく審判の多くはエヴェンタス選手に旗を上げたでしょう。

しかし実績が高い選手だと、どうしてもその選手をひいき目でみてしまうというのは古今東西よくあることですね。

このときも例外ではありませんでした。

引き分けでした。

しかし延長戦においてはエヴェンタスの強烈さと動きの多さで若干優勢になったかと思いきや引き分け。

そして最終延長において、単発ながら強烈な突きを何度かお見舞いしたときにエヴェンタスが首を下に下げる時が多々あり、それが印象点になり危なげに島本選手が勝つことができました。

非常に危ない試合でした。

この試合を見て、次の世界大会ではこの人物こそあぶない、と思った人は多いでしょう。

茶帯現役世界王者をここまで追い詰めるなんて、世界はかなり広いと思いました私は。

この大会では島本選手優勝したのみならず、他の階級で計6つ、全部で7階級で日本人が優勝しました。

だからといって7人が優勝したということだけをもって安心していてはいけないということですね。

エヴェンタス選手のようなダークホースが突如現れるということを認識し、そして稽古していかなくては危険ということですね。

その実力は本物で、実際今回の世界大会で6位に入賞しました。

今、極真会館(松井派)ではロシアが最強ですね。

しかし、新極真会ではヨーロッパ、とくにポーランド、ブルガリア、そしてエヴェンタス選手リトアニアが強いですね。

いずれも旧社会主義国ですね。

しかし、何故こうもリトアニア人というのは身長が高い人が多いのでしょうか?

kissluest.jpg
  リトアニア選手団(新極真会)



新極真会で最初に頭角を現したドナタス.インブラス(リトアニア)にしろ、前回大会で3位になったルーカス.クビリウスにしろ、エヴンタス.グザウスカスにしろ190センチ前後もあるから驚異以外何物でもないですね。

そして、なぜかリトアニア人というのは「ス」で終わる名の人ばかりですね。

不思議ですね。

松井派の世界大会で3位になったアルトゥール.ホバ二シアンにしろアルメニア人ですが、アルメニア人は名が「アン」で終わる人ばかりですね。

不思議ですね…って空手ではどうでもいいことですね(笑)

次回は、そのアリトアニアの驚異ぶりについて話していきたいです。

今回は之にて終了いたします。

●弊社発行の空手用冊子が以下です。

興味ある方はどうぞ!

http://karate-rush.info/index.html

ありがとうございました。


mysasaky

・ホーム


・メルマガ登録

2019年は非常に日本にとってよかった年でした。

新極真会、極真会館(松井派)ともに世界大会で日本人が優勝できたのですから。

話を新極真会に転換しますと、昨年から2年前に行われた世界ウェイト制において、日本人が7階級優勝したことで、今回の世界大会においても、日本人が優勝するのは目に見えていると思った人もかなりいたのではないかと思いましたが、実際はかなり危険で、海外のダークホース的な選手が多数入賞、あるいは台頭を表す結果になりました。

中でも驚きだったのは、マシエ.マズール選手(ポーランド)でしょう。

masiress.jpg
        マシエ.マズール

彼は3年前の全日本大会に出場してベスト8入りで終わり、その際も下段を効かされての敗退でしたから、体力の基本がなってないんじゃ…と思いましたが、その敗退にめげることなく修練を重ね、それでヨーロッパ大会重量級3連覇をはたし、それで世界大会では準優勝を果たすのですからまさに天晴ですね。

その精神的な楽観主義には目を見張るばかりです。

「ヨーロッパ大会で優勝したのにこんなところで負けて…」と悔やむことなく、練習を重ね、これまで連続して全日本大会でベスト4入りした前田勝汰選手や、ヨーロッパ大会で20回近く優勝してきて、自分もまけたことのあるヴァレリー.ディミトロフ選手に打ち勝っての準優勝ですから、その快心ぶりにはあっけにとられるほどでした。

katutasyou.jpg
    前田勝汰

しかし、思ったのは彼は器用さが非常に希薄なんですね。

構えをみればわかりますが、そんなにカッコよくないですね正直(苦笑)

それに組手中に、踏ん張る場面が多々あるために、相手の技を受けてしまう場面がちょくちょくありました。

それで腰も切れずに技を出してしまっている。

しかしそれでも、彼の場合は技の1発1発が重いし、それでいてスタミナもかなりある。

それでいて打たれ強いわけです。


ゆえにあのように勝ち上がることが可能であったのです。

eventas-loos.jpg


構えがカッコ悪くてもいい、組手が不器用でもいい、技に反応し損ねていてもいいんです。

試合にそれで勝てていれば結果オーライなのですから。


マシエのような組手をしていると、テクニックが最重要という通念が流布されてしまっている松井派では評価されないで終わる危険性が大です(笑)

それでまず、その構えから直され、器用な組手をするようにアドバイスが入る。

それで自分の持ち味(強烈な技、スタミナ、打たれ強さ)を生かすことができないまま台頭できずに終わる、というパターンも想定されます。

非常に危険ですね。

そこを松井派の人間は認識すべきでしょうね。

始めは不器用で雑な組手をしていても、それでも持ち味の強烈な技やスタミナをさらに強化させていった結果、器用さも持ち合わせて、しまいには盤石な強さを得れるようになった例として、七戸康博、鈴木国博、エウェルトン.テイシェイラといった選手たちを引き合いに出してきました。

鈴木
     鈴木国博


不器用でもいいんです。

汚い組手でもいいんです。

そんなのいずれ直せるんですから。


それよりも、攻撃力のあることをほめて、更に攻撃力アップ、スタミナアップ、テクニックアップの方法を施していけば、いずれマシエのような盤石の選手をつくることができるのです。

それを認識せずきれいな組手をまず最初にありきでは、そんな綺麗な組手をすることができる人は少ないですから、自分はダメなんだと誤った認識を生徒がもってしまいいずれやめてしまうということも考えれます。

そう終わらないためにも指導する立場の人は心していきましょう。

彼の活躍を俯瞰してそんなことを考えてしまいました。

今回はこれにて終了いたします。

●弊社発行の空手用冊子は以下です。

興味ある方はどうぞ。
    ↓
http://karate-rush.info/index.html

では失礼いたします。

ankenga

・ホーム



・メルマガ登録

みなさん、こんにちは!

極真松井派世界大会8年前におこなわれました。

当時、日本は王座を取りかえすことが出来ませんでした。

非常に残念ですが…

前回(第9回世界大会)では、優勝から7位まですべてが外国人で、ベスト8入りはたったの1人という極真空手始まって以来の惨敗で、そこから脱却すべく、今回ではもっと多くの日本人が入賞してくれるように願っていましたが、それは残念ながら叶いませんでした。

前回は8位に日本人が入賞しただけでしたが、今回は4位に日本人が1人だけと、あまり変わらぬ内容でした。

しかし、全力を尽くして戦った日本人選手のみなさんにはご苦労様でしたといいたいです!

●以下、試合結果です。
  ↓
優勝 タリエル・ニコラシビリ(ロシア)
準優勝 エヴェルトン・テイシェイラ(ブラジル)
3位 ゴデルジ・カパナーゼ(ロシア)
4位 赤石 誠(日本・総本部)
5位 ザハリ・ダミヤノフ(ブルガリア)
6位 ニコライ・ダヴィドフ(ロシア)
7位 オレクサンダー・イエロメンコ(ウクライナ)
8位 イリヤ・カルペンコ(ロシア)

前回では日本が惨敗してしまい、その反省として気合いが入ったと思うのですが、その結果、2年前の世界ウェイト制では4階級中3階級で日本人が優勝するという快挙を成し遂げ、期待は膨らんでいましたが、結果はボロボロでした。

昨年の全日本大会では、10代の選手や20代前半の選手が多数活躍を見せ台頭を表しましたが、結果はダメでした。

8年前の日本惨敗を見て、木山仁(第8回世界大会優勝)が言った2つのことを思い出します。

ファイル0091 (4)


1つ目、その時木山師範が言ったのは、

「あまり、勝つことに関して難しく考える必要はない。

上段をどんどん蹴っていけばいいんです。こんな簡単なことがわからない日本人選手が多すぎる。」


ということですね。

極真の外国人のレベルは上がっていて、強烈な下段をもらっても、一定レベル以上の外国人選手は前に出てくる。技を返してくる。

こんななかで、勝つには上段が必要である。

こういうことを言っていたのを思い出します。

木山師範が現役時代に言っていたのは、

「試合の流れを自分に引き込むためにはどうしても上段は必要である」

ということでした。

木山師範は、176センチ92キロと、かなり体重もあり、技も強烈です!

その師範でさえも、下段や中段だけでなく、上段がなければ世界大会で勝てなかった、というのですから、「上段」は必須なのです!

木山師範の言うことが実践できていなかった選手は、残念ながら大勢いました。

やはり国内では上段がなくても勝てるから、やはりそういったことを忘れてしまうのでしょうか?

日本人は外国勢に比べ、背丈は小さめです。尚且つ、上段がないとわかれば、ガードをしなくても相手の間合いにどんどんはいっていけますから、「日本人恐るにたりず!」とラッシュをしかけられてしまったのでしょう!

それで体力に勝る外国人が勝つ、そんな試合がたくさんあった気がします…

下段や中段は受けながらでも相手の間合いに入っていけます。

しかし、上段はもらいながらでは、間合いに入っていけないのです。

ですから、間合いに入ってこれないようにするためには、相手が極度に警戒する上段が必要なのです。

またも帯を引き締めて、これからの稽古に励まなくてはいけないようです!

今回はこれくらいにして、次回は木山師範が言った、2つ目のことを話したいと思います。

では、今回はこれにて失礼します。

御精読ありがとうございました。

発行者サイト: http://karate-rush.info/index.html

pakjuGRP_0145

みなさん、こんにちは。

GRP_0681.jpg


これまで、何度もいろんな選手を引き合いに出して、「突きの重量をアップさせたらいきなり上位入賞できるようになった」という事例を多数紹介しました。

確かに、空手には「技の威力」だけでなく、スタミナ、テクニック、手数、コンビネーション等必要な事柄がたくさんありますから、一概に「技の威力」だけで勝てるなどとは申しません

それらすべてが必要です!

ただし、「技の威力なくしてそれらだけを身につけても一切が無駄になる!」ということは確認しておきたいと思います。

私はもちろん、これまでこのブログで取り上げた選手たちも勿論、私が作成した『いにしえの極真の猛者たちに学ぶ修錬3倍アップ法!』で取り上げた数々の選手たちも「技の威力」を中心にスタミナ、テクニック、手数、コンビネーション等の内容をアップさせていったのです!

そして それらがアップしたらそこで終わりでなく、またさらに「技の威力」をアップさせ、その他もまた全部アップさせていったのです。

決して私のユニークな持論を展開したのではないことをここで確認したいと思います。

これまでの例からもわかるように、「技の威力」のアップを中心の軸にすることによって一番修錬の効率がアップする、ということがわかるにもかかわらず、今の空手界ではDVDに解説書、雑誌等、いろんな情報があり過ぎて、どれが一番重要かわからずに右往左往してしまい、うまくいかずにいる人がなんと多いことか可哀そうに思い、この冊子を書き上げたしだいです。

supa.jpg


【技の威力が一番重要】…

そんなことは、極真の草創期の人間では誰もが知っているのですが、昨今は「試合」が最初にありきの稽古法が一般的になり、それに必要なものとしていろんな情報が出てきて、あれも出来ないといけない、これも出来ないといけないと思い、いろんなものをたくさん取り入れているうちにどれが一番重要なことかわからずにうやむやになってしまい、一番重要なことがわからずに稽古に臨んでいっている人がかなり多いのではないでしょうか?

こういった弊に堕ちいっているあなた!

ここはひとつ、攻撃力を中心にする軸を据えて、空手の稽古法を根本的に変える必要があります。

攻撃力に必要なのは『●と▲』です!

そののアップのさせ方。

 のアップのさせ方。

ともに以下の冊子に書いてあります!

これを読んで空手人生を大幅に効率アップさせましょう!
  ↓
http://karate-rush.info/index.html


これであなたの空手人生が大幅にアップすることを心から応援しています。

今回はこれで終わりにします。

今回も御精読ありがとうございました。

araweGRP_0146

みなさん、こんにちは。

前回までに、あまり芳しい戦績を残せなかった選手がいきなり強豪の仲間入りした例として、

ギャリー.オニール
池田雅人
御子柴直治

の3人を挙げました。

その3人ともに共通するのは


【突きの威力を大幅にアップさせた】


ということも話しました。

極真空手の創始者である大山倍達総裁は、つねづね突きの重要性について訴えていました!

館
大山倍達総裁


突きがきちんと打てないとやはり間合いが上手くとれない

突きがきちんと打てないと足技が上手くつながらない

こういう弊害が出てまいります。

こういう先人たちの失敗例と成功例をともに学んで、あなたの空手の修錬の内容を格段にアップさせることを願っています。

その、

【突きの威力のアップのさせかた】

は、

シャドウトレーニングのパンチ

基本稽古の突き

これらだけをやってもダメです!

では、どういう修錬か?

ヒントは、「基本稽古でサンチン立ちになって、腕を内側から絞るように出して、丹田に力を入れる」というところにあります。

????…という感じでしょうか・

ここでは詳しく話すと時間がなくなってしまいますから、詳細は避けますが、要するに

「体内部の構造を詳らかにし、それに促すよう空手で使う最大限の威力向上に向けさせる」

必要があるということです!

シャドウや基本稽古はもとより、ウェイトトレーニングだけでもいけないのです!


138.jpg


ではどういった鍛練が必要か?

いにしえの極真の猛者たちが必ず実践していた鍛練法です!

それを今、一挙に公開しますが、これらは最近のDVDや解説書にはほとんど書かれていません。

しかし、これをすることによって各段の突きの力のアップが見込めます!

それは以下の冊子に書いてあります!
 ↓
http://karate-rush.info/index.html


今回はこれにて終了します。

今回も御精読ありがとうございました!

失礼します。

045

前のページ
次のページ