OK食材、NG食材

  1. HOME >
  2. OK食材、NG食材
karateccoRP_001.jpg


日々生活していくにはプロテインなどのサプリメントだけではいけない。

きちんとした食事をしていかないといけないのだ。

サプリメントだけで生活していた人が、体調を壊し、入院を余儀なくされたという例もあるくらいだ。

しかし食事にしても、トレーニングマン、ビルダー、格闘家といった人たちは単に漫然と摂るだけでは、いけない。

bodybGRP_0016.jpg


それらの人の目的は、体重を増やし、筋力を上げ、それらのパフォーマンスを上げることにあるはずだ。

その際に注意しないといけないのは、食事である。

いくらたくさん食べても、その中に含まれるたんぱく質が少なかったり、また脂肪が多く入っていてはトレーニングをする意味がなくなってしまうからだ。

たんぱく質は体ひいては筋肉を作るのに基本的な要素であり、脂肪を摂ると他の成分の吸収を遅らせてしまうからだ。

であるからして、効率よくトレーンングに必要な栄養素を摂るためには、食材を選んでいかなくてはならない。

以下、OK食材NG食材を挙げたので見ていただきたい。

人間の頭は、私のも含めて良いようにできていてそんなに良くない(笑)。

日々の仕事や人付き合いなどで忙殺されると、ついつい忘れてしまいがちなのだ。

なので、学生生活、サラリーマン生活での、昼食や夕食において、食べ物を選ぶ際に、このページを「お気に入り登録」して、毎日見ながら食べ物を選んで摂取していただきたい。

●OK食材

ニンニク---生の状態で100gの中に1日の必要量であるビタミンB1.5gが摂れる。

ninGRP_0012.jpg


カツオ、マグロ---BCAA鉄分が効率的に摂れる。

katuGRP_0011.jpg

tunaGRP_0010.jpg


低脂肪乳---脂肪が少なく、BCAAが摂れる。

teisyGRP_0009.jpg


無調整豆乳---糖分が含まれないので、タンパク質が効率的に摂れる。

touGRL_0008.jpg


ゴマ---ビタミンB群が豊富。葉酸が含まれている。

gomGRP_0007.jpg


蕎麦---タンパク質炭水化物の割合が理想的。

uronGRP_0006.jpg


鶏むね肉---BCAAが含まれている。疲労回復に役立つイミダペプチドも。

toryiGRP_0004.jpg


鶏ささみ---パリン、バイシン、イソロシが豊富

burab.jpg


●NG食材

ホルモン---必須アミノ酸のバランスが悪い。

houruGRP_0003.jpg


鶏モモ肉---身の隙間に脂肪がたっぷり含まれている。

torimonGRP_0002.jpg


豚バラ肉---100g中に40g脂肪が含まれている。

baraGRP_0001.jpg


---魚油に由来し、ののった青魚の代表格。要注意!

buryGRP_0000.jpg



●あんまり摂らないほうがいい食材(OK食材とNG食材の中間)

納豆---BCAA含有率が低く、吸収率が低い。

豆腐---タンパク質が入っているが85%が水分

---BCAAが豊富だが、コレステロールも豊富。

鯵、鯖---1割以上脂肪。刺身でなく他の調理法で食べるのが理想的。












・ホーム
・メルマガ登録