ドリンク(ハイポトニック、アイソトニック)

  1. HOME >
  2. ドリンク(ハイポトニック、アイソトニック)
トレーニング時には、どのようなトレーニングでも水分補給は必須である。

トレーニングをすれば必然的に水分が出ていき、カロリーも消費してしまうから、リフレッシュと栄養補給の意味で、スポーツドリンクは摂る必要がある。

nomuwat.jpg


スポーツドリンクには2つの種類がある。

ハイポトニックタイプとアイソトニックタイプである。

●ハイポトニックタイプ

ハイポトニックタイプは浸透圧が、2.5~3%に調整されているスポーツドリンクを指す。

運動中の人の体液は、2.5~3%に浸透圧が低下することが証明されている。

ゆえに、吸収されるので激しい運動をしている時は、ハイポトニックタイプを飲むのがいい。

hegesikuhagesy.jpg


ゆえに激しい運動の時には最高のパフォーマンスを引き出してくれるのである。

アミノバイタルヴァームウォータースーパーH2Oなどが代表的。


●アイソトニックタイプ

アイソトニックタイプは、含まれている糖質の量が6%から8%に調整されている。

これによって体液や血液と同じ浸透圧になっているので、急速に体内に吸収されることが可能になっている。



ですが、糖が6%から8%と多く含まれているがためにインスリンが多く分泌されることで、低血糖症状になることが懸念される。

ただ、アイソトニックタイプのドリンクは、市販のペットボトルの場合、2~3倍に薄めるのがいいとされている。

ただし、スポーツドリンク単独では栄養の量が充分でないので、スポーツドリンク系サプリと一緒に摂るのがいい。

そのことで相乗効果を得ることができるのだ。


以下、スポーツドリンク系サプリを紹介したい。


クエン酸サプリ—柑橘類に含まれる有機酸。乳酸を除去し、筋肉疲労回復を早め、血液のPH値を中性に戻す。

BCAA—筋肉中のたんぱく質を壊してエネルギーとして利用するのを食いとどめる働きがある。
                運動前、運動中両方で摂るのがいい。ドリンクと粉末タイプがある。

アルギニン--身体を活性化し、精神的、肉体的に機敏にし、免疫反応を強化する。


●では運動中はどちらのドリンクを飲むのがいいか?


運動中は、ハイポトニック飲料を飲み、運動が終了した後、汗をかくようであったら、アイソトニック飲料を飲むべきであるということである。

空手家や格闘家、アスリートはスポーツドリンク以外にもいろんなサプリを摂らなくてはいけない。

ゆえに、スポーツドリンクを選ぶ際にも、すでに製造されてペットボトルに入ったモノよりも、粉末で自分で水で割って作るモノのほうが安くあがるので、そちらをお勧めしたい!

ただし先にも書いたように、糖質が高いので、水は既定の2~3倍の量を入れることをお勧めする。











・ホーム
・メルマガ登録