クエン酸

  1. HOME >
  2. クエン酸
仕事中に、疲れを感じてもクエン酸を飲むと1時間もしなうちに疲労が解ける感じがするとして、クエン酸を飲む習慣にしている人は多い。

いわんやトレイニーや、スポーツマンは当然である。

空手家もしかり!

matchkara.jpg


疲れにくくなり、自分を追い込める。

走る前に飲むと、疲労度合いや筋肉痛になるなる確率が下がる。



「ミネラルだけのスポーツドリンクよりも翌日の疲れがすくない気がする。」

「激しい疲労感と、筋肉痛に悩まされていたが、プレイ翌日の筋肉痛がきれいに消えた。」

「長距離の登山をしてもつかれば残らない気がする。」



これは実際にクエン酸を摂っている人のコメントである。



(その他、クエン酸の効果)

・血液をサラサラにする。

このことで、どろどろになった血液をサラサラにする、ということは美容やダイエットにもいいということである。

尿の色も無色透明になる、ということである。

・キレート化

カルシウムや鉄分など体に吸収されにくい成分を体に吸収されやすい形に変える、ということである。

普通の食べ物は食べたものの30%しか吸収されない。

しかし、クエン酸を飲むことでその割合を大幅にアップさせる。

体を作りたい人には必須のサプリということができる!


★空手は非常に筋力をつかう格闘技である。

長時間練習する場合、練習を完遂させるためには力をセーブして練習を流そうという意識が沸いても不思議ではない。

しかし、そのように流す癖がついては実際に試合で負けてしまう。

uttykara.jpg


そうならないようにするためには、自分は全力出しても疲れないんだ、という自信をつかる必要がある。

そのためには、練習前にクエン酸を飲んで実際に疲れない体を作り自信をつける必要がある。

実際の練習前に、クエン酸を飲んでから臨むようにしよう。



kankitsukuen.jpg




もともと人間の体は弱アルカリ性であるが、これが酸性のほうに向くと病気になるということである。

ストレスもこれがアップしただけで酸性のほうに向くということである。

痛風という病気があるが、あれも血液のPHが5の時には病原である尿酸値の溶解度が150mg/Lであるが、このPHが7になると、これが1500~2000㎎/Lまで上がる。

PH7ではPH5の時と比べて約10倍もの尿酸が溶け出すということである。

尿酸が溶け出す量が多ければ多いほど痛風にはなりにくくなる。

血液が正常である弱アルカリになるだけで、病気になりにくくなるということである。

その弱アルカリに保つ成分は言うまでもなくクエン酸である。




クエン酸(無水)1kg(純度99.5%以上・食品添加物グレード)











・ホーム
・メルマガ登録