メタ認知をしていくことが、指導者や稽古生両方に必要なこと?

こんにちは。

前回の続きをしていきます。

有力な選手を出した支部は、他の支部よりも稽古内容がきつい、そのことを見て「これをこなせば…!」という誤解を招き、その誤解によって、多くの人がその有力選手のバックグランドを観察するなり、研究するなりということをしなくなり、それによってその支部全体が弱体化するということを書きました。

その他にも、空手界全体が、テクニカルになってしまったがために、そのテクニカルな面意ばかりに意識が集中してしまい、空手で重要な体力やスタミナといった面への稽古をおざなりになってしまうがために、弱体化してしまう、ということも挙げれると思います。

sekond.jpg


いずれも共通するのは、その組織全体の「メタ認知」の希薄化が原因といえるでしょう。

メタ認知とはウィキペディアによれば、

「現在進行中の自分の思考や行動そのものを対象化して認識することにより、自分自身の認知行動を把握する」



と書いてあります。

要するに、優しくいえば自分を客観的に見て、何をすべきかがわかる能力といっていいでしょう。

しかし、そんなに難しく考える必要はないのです。

今の自分の稽古内容、トレーニング内容に慢心せず、

「果たしてこれでいいのだろうか?」

「この量でいいのだろうか?」


と疑問に思い、それを確かめるべく、いろんな本や雑誌を買って読んだり、人に訊いたり、ビデオをみたりして、自分の内容を矯正していく、ということですね。

有力な選手を多く輩出した支部に所属しただけで慢心せず、もっとできることはないかと問いかけ、更に修練を積んでいく、
ということでしょう。

これは何も空手だけでなく、仕事や、勉強でも同じです。

例えば、バレーボールにおいては「時間差攻撃」という攻撃法の有効性が認知されるようになった。

するとどのチームも時間差を練習します。

jikansadapp.jpg


ただサーブを打って、相手のボールが来たら返す、という淡々とした練習で強くなれるわけではなくなってしまったのです。

空手でも、極真の草創期には、自重の筋力トレーニングしかしなかった。

しかし、ひとたびウェイトトレーニングをして、自重の筋力トレーニング以上の体重を上げれるウェイトトレーニングという方法がわかったら、自分もしなくてはいけなってしまったのは言うまでもないでしょう。

weitotre.jpg


自分の体重が重ければ重いほど、有効なダメージを相手に当てることができるようになるのですから。

しかし、自重の筋力トレーニングを否定するものではないことはお断ります。

その重要性については、以下の冊子に書きました。

http://karate-rush.info/index.html



そういったあくなき強くなるための知識への欲求を持つこと=メタ認知能力ということです。

ちょっとした成功だけで、一般論を語り、それを後輩が何の批判もせずに鵜呑みにする。

これもまた、弱体化の1つの原因になっているのです。

idoutyuu.jpg


ですから、メタ認知をしながら、先輩方は後輩に指導するようにしましょう。

教える立場でありながら、更なる情報収集をし、更に行動していく。

帯が上がれば上がるほど稽古量は上がっていかなくてはならないのです。


そのことをポンと手を叩いて頷けた人は、強くなれる資質があるでしょう。

「そんなの邪道だ!」と思った人は指導する資格はありません(笑)

いや本当です。

そのことを意識して頑張っていきましょう。

ではまたよろしくお願いいたします。

空手家のためのサプリやグッズ、ジムの紹介のサイト『カモン!空手マン』を立ち上げました。

これを見たら、メタ認知の必要性について頷けるでしょう。

どうぞ覗いてって下さいませ!

http://karatemen.grupo.jp/index

shakushakeP_0104.jpg


では今回はこれにて終了します。

ありがとうございました。











・ホーム
・メルマガ登録




【PR】 男が「しない」ことで男女関係が良くなることとは?


みなさん、こんにちは。

このサイトに来ていただき感謝します。



夏は過ぎ去りましたが、夏は女性の脚をみる機会が増えますね!



でもボクの場合は、「みる」ではなく「みえてしまう」ですが(笑)
あせあせ(飛び散る汗)


GRP_0074



ボクは、女性の脚を綺麗だとばかり、ジロジロみる癖があって、それが原因で女性に嫌われていた時期があったんですね、若いころ…って今も若いですが(苦笑)
失恋


そのせいで、ボクの陰口をいってるなというのは、なんとなく雰囲気でわかりました。ふらふら


ですから、ジロジロみるのはやめにしました。



相手がいやがりますから…

脚をジロリジロリとみてその直後にその女性と目を合わせる。



その時の女性のおぞましい目つきをみたら、もう最悪の気分がわかります。右斜め下



美しい脚をみられてもいいから素足をみせてるんだろう?…と不満でしたが、とにかく相手が嫌がることなのでやめにしました。



女性は、男と違って本源的に綺麗になりたい!という欲求があるんですね。かわいい



それを目的にしているのであって、決していやらしい目つきでみて欲しいからではないですよね?



肌、顔、身体、足を綺麗になるのは、本命の男に感じて欲しいからですね。



そこをわからずに、ただSEXをするのが目的に近づいたってダメですよね、その欲求を理解しないと。



こういったことは、女性と付き合ったり、話したり、いろんな恋愛についての本を読んだりして理解しました。



ですから、そんなやるのが目的で女性に近づいたり、話しかけたりはしないようにしました。



キスやSEXは二人が互いに理解し、心を交流し最高の気分になった時にするのであって、最初的手段として考えてはいけないということが、これまでの経験からわかりました!揺れるハート



kissintime



いきなりあってエッチ…なんて気持ちもよくないですしね!




女性の根源的な欲求から綺麗になりたいと思っている貴女!



意中の男がいる貴女!



ボクはそんな貴女にこのアイテムを使って美しい脚をめざしてほしいです!るんるん









たった1日2分流すだけで美脚に!?



本能としてやはり無意識のうちにしてしまうことはよくあるものです。



それを意識して、「しない」ことで相手が気分の良くなることは往々にしてあるものです。



それがジロジロ女性の脚をみない、ということです。手(チョキ)



それは男女関係の良き構築に欠かせないことですから、無意識のうちにしてしまう男性はこれから気をつけましょう!手(パー)



僕の言いたいことは以上です。



ここまで読んでいただき感謝いたします。



失礼いたします。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):