『サイコパスに注意--武道のススメ!』

【PR】プロテイン、ジムウェア共に最大50%OFF!

ゴールデンウィークセール開催中
   ↓




こんにちは。

強い人間は人を貶すのがバカバカしくてできなくなる。

逆に弱い人間は自分の弱さをカモフラージュするために人を貶す。


ということを話しました。

空手をやる前の私は弱い人間でしたから、人を貶すことをよくしてました(笑)

ことは家庭内だけでなく野球の時もそうでした。

boybase.jpg


守りの時、バッターに向かって「バッター案山子よ!」などと野次をとばすのは日常茶飯事でした。

案山子はずっと立っているだけだから、打てない人間ということを言うための貶し文句ですね。

しかし空手をやってからは、自分が強くなった実感から、人を貶したりなじることがバカバカしくなってできなくなりました。

いじめというのは、こういう経験から明かなように、弱い人間がすることなのですね。

ですから家庭内暴力で困る家庭があったら、その家庭に言いたいのは「格闘技をやったらどうですか?」ということですね。

それで9割くらいは解決するのではないでしょうか?

暴力をする方も、される方も両方の立場で解決ができる、そんな気がしますね。

暴力をする方は、自分自信が持てて暴力をふるえなくなる。


された方も自分に自己防衛力が出来て、暴力ふるわれなくなる。

20110718155313.jpg


そういうことですね。

家族心理学の専門家の人が書いた本に、「親が強くなれば家庭内暴力はなくなる、というような論者の理論に私は与しない」ということを書いてあったのを読んだことがありましたが、苦笑を禁じえませんでした(笑)

持論に拘り過ぎで、幅広い考えが出来ていないのですね。

そういう経験もないのに、なぜ与しないのかを説明してほしかったのですね。

ましてや「この宗教に入って祈れば家庭内暴力はなくなる」などということを言う宗教家にも出会った事もありますが、この人も持論に拘り過ぎ、マクロ的にものを見る視点がなさすぎですね(笑)。

私の論が違う、というならそういう経験をしてから反論してほしいですね。

しかし、人は自信をつければ、人を大事にできるようになる、ということですが、そうではない場合もあります。

相手がサイコパスの場合はこの限りではないですね。

サイコパスとは、


・過ちを犯しても全くの反省の色をみせない。

・人を自分の思い通りに詳らかに動かそうとする。

・人を役職や学歴などで色眼鏡をつけて接し、それらが自分よりも上の人には丁重に接し、自分以下の人には横柄な態度で接する。

・人を傷つけても平然としている。

・人種差別をする



こんな性質を持った人のことを言います。

こういう人は、強くなったってそのスタンスを変えようとはしません。

そういう人には教育を施せば変わる、という意見が聞こえてきそうですが、教育を施したって、変わりません。

それは科学的に明らかにされた事実ですから厳然と接することが大事です。

古今東西、サイコパスの人間は必ずいます、これだけ教育が普及した現代においても。

前にも紹介したことがありますが、人を貶すことしか知らない柔道家や、人を終止蔑んでいる修斗の男、また極真空手の中にも残念ながら、いつも貶すことしかしない人もいたことは事実です。

かつて、極真会館の第8回全日本大会優勝した佐藤俊和氏(秋田県出身.故人)が北欧に指導にいったとき、そこで黒帯の男が色帯の女性に渾身の力で叩きのばしているのを見て注意したにもかかわらずやめないので、その黒帯の男をのばした、というエピソードを氏の自叙伝で読んだことがあります。

tanoking.png
       佐藤俊和

やはり、こういうサイコパスの人間は教育を施しても、格闘技をやって強くなっても正常になることはないのですね、だから注意が必要です。

そういう人間がかかってきたらどうするか?

応戦するしかありません!(笑)

とっさにかかってきたらすぐさま受けるなり、躱すなりして、即反撃して相手をたたきのばす。

このためには修練を怠っていてはいけません。

いつも稽古やトレーニングをして、すぐさま応じる。


それが武道というものでしょう。

かつて芦原英幸(芦原会館初代館長.故人)が、極真会館の本部指導員だった時に、稽古始めにいきなり「組み手をやる!」といって豪語するさまが、漫画『空手バカ一代』にのっていましたが、これを「ウォームアップや準備運動もないのに無謀だ!」といわれそうですが、武道を掲げているならば、すぐさまそういう行動が出来なければ武道家ではないでしょう。

assykum.jpeg
     芦原英幸

極真の選手宣誓で、「我々選手一同は、武道空手道精神に則り…」といいますが、武道とは何ですか?と疑問がわきますが、そういう部面のことが大部分を占めているのではないでしょうか?

頷けていただけましたでしょうか?

●その際、ご参考になるものとして以下の弊社の冊子を勧めします。

発行から9年たっていますがいまだ売れています。

興味ある方はどうぞ!
   ↓
http://karate-rush.info/index.html


今回はこれにて終了します。

ありがとうございました。

erodamGRP_0068









・ホーム
・メルマガ登録

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):