『テクニックばかりに目がいきすぎないように注意しましょう!』

みなさん、こんにちは。

さて、今回は【突き】の重要性について書いていきます。

極真空手の創始者である大山倍達総裁は、つねづね突きの重要性について訴えていました!


館
大山倍達総裁



突きがきちんと打てないとやはり間合いが上手くとれない

突きがきちんと打てないと足技が上手くつながらない


こういう弊害が出てまいります。

「空足じゃないよ、空手だよ!」

と言われていたことを思い出します。

そして、大山総裁 「突き一発で相手を倒せ!」ともいわれていました。

突き技は空手において重要なのです!(勿論、足技も大事ですが。)

こういった突きの重要性について語る際に興味深い選手として

ギャリー.オニール(第6回世界大会(松井派)4位)をあげられると思います。


ファイル0097
 ギャリー.オニール



彼は、170センチ71キロという小兵ながら、巧みなステップや足技をつかってあれよあれよという間に準決勝にまで勝ち上がり堂々の4位入賞を果たしました。

彼を語る時に、よく語られるのはやはり「巧みなステップや足技」です。

その活躍により、彼のステップの練習法やテクニックを雑誌で図解されていました。

それをみてたくさんに人が練習に取り入れたでしょう。

これまで何回も話してきたように、そういった注目選手の外見的な真似だけでは絶対に強くはなれません!

別の側面から話しますと、準決勝で彼とあたり、その大会で優勝することになる八巻建志はその自叙伝において、彼との試合についてこう語っております。

「(ギャリーの)中段突きも相当なもので、1発1発が内臓を突きあげるような威力を秘めていた。」 (『光輝の拳』八巻建志 ベースボールマガジン社)

私は驚きました。

雑誌においては彼のステップやテクニックについてしか語られないから、彼の勝ち上がれる理由はテクニックなんだ、と勘違いしていたんですね。

やはり、

ステップやテクニックもさることながら、こういった基本の技に強烈な威力があるから、そのステップやテクニックが活き、

基本の技に強烈な威力があるから、相手に間合いに入らせることができない
ということがわかると思います。



ギャリー5回戦を制しベスト8にまず入ります。

その時の対戦は重量級で優勝した岩崎達也でした。

その詳細については次回に話しましょう。


●弊社おススメの空手商材は以下です!
  ↓

http://karate-rush.info/index.html

ここまで読んでいただきありがとうございました。

1495788759eaa2

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):