長いスランプを脱した方法を学ぼう!

こんにちは!

前回は、池田雅人選手95年全日本ウェイト制の中量級の準決勝で、あのギャリー.オニール選手に圧倒的な判定勝ちで降したにもかかわらず、その5カ月後の世界大会において、ギャリー選手4位に入賞し、池田選手ベスト16で終わってしまった、ということを話しました。

asukaman.jpg
   池田雅人

池田選手としてみれば、くじ運が悪かったという面もあるかと思います。

5回戦で、あのフランシスコ.フィリョ選手と当たってしまったわけですから。

彼の傍の人からすれば、次の全日本から頑張ればいいだけで、彼が活躍できる余地は充分ある、ということもいえたと思います。

しかし、傍らの人の期待通りにはならず、彼は世界大会の次の全日本から活躍できず、2回戦負けや3回戦負けを繰り返していました。

その半面、自分がかつて勝ったギャリー選手は、2年連続で全日本大会で準優勝するという、活躍をみることができました。

池田選手としては、どんな感慨でいたのでしょうか?

「自分がかつてめった打ち状態で勝った相手が2年連続で準優勝…自分は2回戦負けばかり…」

私はこういった経験がないもので、推し量ることができないのですが、かなり焦ったと思います。

このように勝てなくなるスランプに陥った時は、

  「方法を全般的に変える必要」

があると思います。

経営か何かのメルマガで読んでいたら以下の、フレーズが出てきました。

『方法を変えずに違う結果を求める…こういうのを精神異常者というのです!』 


随分、過激なものいいだな、と思いました(笑)。

ここまで過激に私は言いませんが(笑)。

でもそれまでの方法を代える、というのは精神的にかなり難しいことですが、重要であると思います。

「はたして代えていいのだろうか?代えることで必ずしも結果が出るかどうかもわからない」

「今は結果が出ていないけれども、そのうち出る途上にいるのではないだろうか?だから代えたらまずいのではないだろうか?」

「代えるのは大事かもしれない。でもその方法が本当に正しいのかどうかもわからない。」

こういった不安がよぎると思います。


でも、そこは勇気を出して代える必要があります!

その道の一番わかっている人に学んで!

「その道の一番わかっている人に学んで」というところが大事です。

そうでないと、闇雲に突き進んでも、下手をするとこれまでよりも、強くなる道から外れる危険性も出てきます。

続きは次回に譲ります。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):