総合格闘家である朝倉未来の姿勢に空手家も学ぶべき?

【PR】

空手家のけがとして、骨ならば骨折、筋肉ならば肉離れがあげられるが、最も多いのは軟骨や腱、靭帯などの「関節」の問題であろう。

kouzouteki.gif


この軟骨や腱、靭帯などは結合組織の一種であるが、結合組織の材料となるモノを積極的に摂取することにより、怪我からの速やかな回復をはかることができ、更にけがをしにくい強靭な関節を手に入れることができる。

結合組織は、「コラーゲン プロテオグリカン集合体」から形成される。

propilene.jpg


コラーゲンには数多くの種類があるが、特に結合組織に含まれるコラーゲンはタイプⅡのものである。

またコラーゲンを形成するために充分なタンパク質ビタミンCが必要となる。

プロテオグリカン集合体とは、ヒアルロン酸 プロテオグリカンである。

ヒアルロン酸ビタミンCによって作られ、またプロテオグリカングルコサミンを材料にしたコンドロイチン硫酸などから形成されている。

更にコンドロイチン硫酸やケラタン硫酸にはMSMという有機イオウが含まれている。

またMSMには、細胞膜の浸透圧を調節して、栄養素の取り込みを高める作用や、神経細胞に伝わる痛みのインパルスを抑制して痛みを和らげる作用もある即効性の高い栄養素である。

以上のことから結合組織を強くするためには、以下の栄養成分が重要であることがわかる。


  役割 1日の必要摂取量
グルコサミン 結合組織の材料 1500㎎
コンドロイチン 結合組織の材料 1200㎎
コラーゲン 結合組織の材料 500㎎
ビタミンC コラーゲンの生成 1000㎎
MSM 痛み緩和する 2000㎎


株式会社ドーム研究調査結果より

以下にグルコサミン、コンドロイチン、MSMを豊富に含んだサプリメントを紹介したい!

(摂取タイミング)

空腹時は、他の食物を消化する必要がないため、食物の胃内滞留時間が短くなる。

よって、体内に留まる時間を長くして利用効率を上げるために毎食後の摂取が望ましい!

グルコサミンコンドロイチンは1日量としてそれぞれ1500㎎、1200㎎が必要とされ、多くの商品には踏襲しているものすくない。

しかしその規定値に近い製品として以下の製品をお勧めしたい!

Myproteinの「グルコサミン・コンドロイチン」である。

(3490円 小売価格4490円)
 ↓

















総合格闘技について今回もはなしたいと思う。

これは、空手のように突き蹴りを主体としながら、関節技や、投げ技もある格闘技です。

手にグローブをつけながら、突きによる顔面攻撃も認められるのです。

空手やK-1では、クリンチ状態になったらそこでレフェリーが来て、分けにはいるわけですが、総合格闘技では、そのまま続行です。

mma_02.jpg



空手やK-1では、相手が転倒したら、そこでもレフェリーが入りますが、総合格闘技では、そこでも続行です。

当然、関節技や絞め技が認められているからですね。

それまで、この格闘技について全くと言ってよいほど興味がなかったのですが、ある時、これをしていた知人にあってはなしをしたら、この格闘技に興味が出ました。

やはり、昨今の空手が、転倒したらそこで終止させたり、本来投げや掴みがあったにも関わらず、時代の変遷のたびにそれらがルールから除外されていったことに少なからず疑問を感じていたからですね。

その総合格闘技をみたら、その喧嘩殺法のような攻防に興味を持ちました。

それで第一線で活躍している朝倉未来という人に興味が持てました。

danruu0-2-view.jpg
     朝倉未来


この人は、17戦して14勝し、そのうち8つがKO勝ちという輝かしい実績を持っているからですね。

興味があって、この人を調べるも、この人は極真空手をしていたのだそうです。

そしてこの格闘技に転向したのだそうです。

正攻法でパンチを打つこともさることながら、もみ合いの中でパンチを出して相手の顔面にヒットさせるテクも持ち合わせ、寝技からの手による顔面攻撃でKOということもあれば、互いが立っているときも上段蹴りでKOということもあり、文字通りオールラウンドプレイヤーというにふさわしい人物ですね。

いや、オールラウンドファイターですね。

こういった芸当ができるのは、ひとえに格闘家としてのカンの良さもさることながら、、打撃はもちろんそれら以外の技の強力さ、スピード、スタミナも充分にあるからでしょう。

このブログで紹介してきたように、フェイント技で相手を崩すのも、その人の攻撃全般が強くないことにはできないし、試合でも勝てないという事実を、この人の試合を観ていると思います。

やはり、トレーニングを定石通りに堅実に行っているのでしょう。

それでなければ、あのような試合をすることは、資質だけでは土台無理な話です。

素質のみならず、努力家であることが彼をあの地位にまでおし上げた原因でしょうね。

総合格闘技では寝技に持ち込むことが往々にしてあるけれども、もちろん空手のように蹴りによってKOになることもあるのです。

朝倉氏は、そういうKO劇も演じています。

立っての蹴りによるKOですね。

そういう格闘家としての姿勢のみならず、彼は人間としても素晴らしいと感じたのは、彼の出しているYouTubeを観た時のことですね。

mikruu370_n.jpg


彼は、ぼったくりバーに潜入し、いくら飲んでも3000円という客引きに言われて、そのバーにいき1杯飲んでおあいそを頼むと数十万円もださせるという違法店の噂を聞きつけてそこに入るのですね。

そしてそのバーに入り、1杯だけ飲んで会計を頼むと、やはり数十万円も出させるのですね。

然し彼は毅然として、一切断り、論理で説き伏せてでてくるのですね。

そんな芸当、どれだけの格闘家ができるか…そんなことを考えてしまいました。

ただ強いだけではなく、人間としても正義感が強く、そして自信とオーラに満ち溢れている。

非常にかっこいいですね。

これで興味を持った人は、彼を動画で見ることをおすすめします。

今回はこれにて終了します。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

●弊社新発行の商材が以下です!

どうぞご覧くださいませ。
  ↓

空手のためのトレーニング理論、摂取物の理論大全集


icaryGRP_0016






・ホーム
・メルマガ登録

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..