『根性論も大事ですが…』

 メルマガ読者さん募集です!"> メルマガ読者さん募集です!



こんにちは。


空手家は、やはり毎日空手に必要な栄養素について勉強し、それを摂ることを日課にしなくてはならません。


やはり高校生であろうが、社会人であろうが、夕方に稽古やトレーニングにいくのは疲れます。


そこで気を押して、ポジティブに考えよう、根性で稽古やトレーニングにいけ、というのはある程度、賛同しますが、全部賛同はできません。


やはり疲れることによって、血液がドロドロになるゆえに、気も体も重くなって、やる気が出ないのです。


ならばどうすればいいか?


そのどろどろになった血液をサラサラにしてあげることです。


そのために、わずか10~15mlを飲むことです。


すると、それだけで、体が軽くなり、嘘のように空手やトレーニングへの熱意が湧いてくるのです。


酢がないならば、クエン酸でもいいでしょう。


GRP_0014.jpg




これもまた、血液をサラサラにしてくれて、さっきまでの倦怠感がものすごく晴れるのです。

こういった科学的な知識を得ることなく、ただ単なる根性論だけで自分を奮い起こすには、限度がありますし、よしんば、根性論だけで稽古やトレーニングに向かわせても、血液がドロドロのままでは、空手に必要な俊敏な動きをするにも限度がありますし、それほどの向上は認められないと思います。


ゆえに、科学的にものごとを考えるということをおすすめしたいです。


科学的とは、物事を奥深く考えるということにも繋がります。


奥深くに考えることで、自分の可能性を深めるということです。


これまで指摘してきたように、空手においても、人に言われたことだけを行動していく、ということでは物事の成就はかなわない、ということです。


極真空手の世界大会で2連覇を果たした中村誠師範は、大山倍達総裁に、「君は空手を辞めたらいいんじゃないか!」と言われても、めげずに修行し続けてあそこまでの戦績を残したのです。


「人に言われたことだけが全てではない」ということをそれまでの人生で知っていたか、あるいはめげない性格だったのでしょうか。


どちらにせよ、深みのある人間性を空手においても必要とされている、ということです。


makotchan!.jpg

      中村誠




空手に必要ないろんな知識を得ながら、日々行動していくことで稽古やトレーニングの内容を濃くしていく事ができるのです。


知識の習得と、そのための行動、これらは2つとも永続していかなくてはならないことなのです。


そのために手助けをしたいと思って、発行したのが以下の弊社の新商材です。


知識の習得や行動が大事なのはわかるけれども、時間がない、何から手をつけていけばいいかわからない。


そんな人のために制作いたしました。


興味ある方は覗いてみてくださいませ。


※弊社発行の新商材は以下です。


空手家が日々どのようなウェイト、サーキット、打ち込み、シャドーといった各種トレーニングをしていけばいいか?


日数は?時間は?


それに伴ってどのようなサプリを、食物をどういうタイミングでどれだけ摂っていけばいいか?


またどのようなものを摂ってはいけないか?


また試合のシーズンオフ、試合前、あるいは試合の日、どのような食物サプリを摂っていけば良いか?


そういった事を網羅的に書き下ろされたものはないですよね?


雑誌では断片的に書いてあるだけで…。


そういう網羅的に、系統的に情報を詰め込んだ空手家に必須の冊子をお作りしました。


『空手のためのトレーニング理論、摂取物の理論大全集』です。


ヤフオクで出品していますが、定価販売ですから競り上げられる心配はありません。


どうぞ以下よりどうぞ!

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g510081980



GyasuknRL_0032



今回はこれにて終了します。


ありがとうございました。









・ホーム



・メルマガ登録



タグ: 空手 情報論
コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..