先日おこなわれた極真会館(松井派)において、日本人が優勝したのみならず、ベスト3を独占し、来年の世界大会への安堵の思いが出たことについて書きました。


しかし、危惧するのはやはり外国人の入賞者が多いことですね。


ベスト8中4人が外国人が占めているのです。


それだけ松井派では外国人が実力をつけていることの証左なのでしょうが、来年の世界大会出場メンバーを決める大会で、これだけの外国人が入賞してしまうとは、やはり怪訝に思わなくてはならないでしょう。


20年くらい前の松井派の機関雑誌である『ワールド空手』を読んだときに、入賞した選手のインタビューで「先輩に、ここで負けたら世界大会でも負けるぞ!と発破をかけられて奮起しました。」ということを言っていた選手がいました。


その選手は、ベスト8をかける試合のことを言ったのでしたが、その先輩の言葉に奮起して、試合に臨み、見事相手の外国人選手に勝ち世界大会の出場権を獲得したのでしたが、このような奮起は今回の日本人選手に欠けていたんだと思いますね。


偉そうですが…(笑)


それと気になるのが、毎回毎回同じような選手が、入賞してしまっているということですね。


ベスト4の顔ぶれがほとんど一緒なのですね。


shoukiarata.jpg



私は、今回の新極真会の全日本大会の前に、ベスト3を独占していた選手がまた独占していては組織全体の底上げが難しくなる。」ということを書きましたが、その通りにならなくてよかったということです。


毎回毎回同じような人が入賞してしまっていては、諦めの雰囲気が組織全体に蔓延してしまい、希望が持てなくなる。


そうならずに楽観主義が蔓延していくためには、ベスト4の顔ぶれが変わらないといけない、ということですね。


しかし、松井派ではそうではなのですね。


これでは、組織全体に「自分がやっても頑張ってもダメだ!」というマイナスの気風が生まれてしまい良くない、ということですね。


しかし、そうではなく、新極真会には「自分でもできるんだ!」という良い気風が蔓延しているがために、全体的な底上げができているのですね。


ファイル0088 (1)



たとえ、ベスト8入りし、ベスト4入りを逃した選手でも、勝つセオリーの組手をしているので、期待が持てるということですね。


それでも、来年の世界大会で、新極真会として初めて外国人の王者が生まれてしまっては、私の論に修正を加えなくてはならないでしょう。


しかし、上位入賞者の顔ぶれが毎回同じようでは組織全体の停滞感が募るというのは間違いないでしょう。


それはひとえに2つの組織に流れている「情報」に違いがあるからですね。


松井章圭氏は、本人の組手にも現れているように華麗な組手を信条にしているので、その方法論が機関雑誌の情報に表れているということですね。


綺麗な組手をさせよう、器用な組手をさせようという雰囲気が雑誌全体を覆ってしまっています。


それを読んだ空手を習いたての人が、その方法論で訓練しても伸びることはまずありません。


先にそういった華で器用な組手が先にありきでは、肝心なパワーがついていないから、組手で押されてしまうからですね。


その時に、組手方法論ばかりが蔓延している組織内にいては、「パワーをつけよう!」という考えが浮かばずに、テクで対処しようとしてしまいがちです。


しかし、パワーがないのにテクで対処しようとしても対処できないことは明白です。


それで押されてしまい、また組手に臨むもまたうまくいかずに押される。


それを繰り返すうちに空手が面白くなくなって空手を辞めてしまう、そんなパターンが散見されるように思います。


最初は凄く不器用で、テクで上手くいかなくとも、パワーをつけることを最優先して稽古を重ねて言った挙句、勝てるようになり、ついに頂点(=優勝)を勝ち取ったという例として、エウェルトン.テイシェイラ、鈴木国博、七戸康博といった歴代の選手たちを紹介してきました。


七戸



こういった人たちの共通点は、強くなる王道の訓練を続けていったということですね。


初めに華麗な組手、器用な組手ありきが王道ではないのですね。


それでも、強くなれる人は当然出てきますが、組織の全体的な底上げにはならないのですね。


初めに華麗な組手、器用な組手ありきの指導法では、全体的に難しい印象を与えてしまうからですね。


難しい印象を与えては、限られた人しか上達しないですし、アウト(=脱落者)が多いですからね。


王道の方法でなくては、たとえ強くなれても、盤石の強さを得ることは難しいでしょう。


現に松井派では、全日本大会で上位に入るのは、同じような顔ぶれではないですか。


しかも、倒すのではなく、上段ちょっと蹴って顔が少し動いたところをすぐさま決めのポーズを取れば技ありになるというような松井派の改定ルールでは、会員に猶更難しい印象を与えてしまうことは必至です。


あの改定ルールでは更に底上げがなされない、停滞感が覆ってしまうのは明白です。


あのルールをすぐさま辞めるのはもちろん、最初に華麗な器用な組手が先にありきの指導法を辞めなくては、松井派の将来は極めて危ないといわざるを得ないですね。


続きは次回に譲ります。


kazuko









・ホーム

・メルマガ登録


これまで新極真会の全日本大会のリポートとそれについての内奥を書きてきましたが、ならば極真会館(松井派)についても書かなくてはならないでしょう。

ニュースによれば、上田幹雄優勝したとのことで拍手を送りたいですね。

uedamickymou.jpg


ベスト4は、優勝から3位まで日本人で、その他ベスト5位から8位までは3人の外国人が入賞したようです。

前回の世界大会の前哨戦の全日本大会では、ロシア人が優勝し、次の年の世界大会が危ぶまれ、その危機感通り、またも外国人が優勝してしまったのですね。

zahari.jpg

しかし2年前の全日本大会から、ずっと日本人が優勝してきたので、それほどの危機感はないし、今度こそ日本人が世界大会で優勝できるのではとの期待がかかっているでしょう。

しかし、私としてはもう松井派には関心がほとんどないのですね。

2年前から、大幅なルールが改訂されて、上段蹴りが当たり、そこで決めのポーズを取れば、それで技ありになるというルールに変わったのですね。

また、相手を転倒させて、そこで決めのポーズを取れば、これも技ありになるというルールになってしまったのですね。

「これでは、一撃必殺を標榜してきた極真空手の理念を歪めるもの以外何物でもない」という思いをもった人も多いでしょう。

また「これでは相手を攻撃で効かすのではなく、ポイントを取ろうとすることに意識が最初にありきになり、フルコンタクト空手ではない」という思いを持った人も多いでしょう。

そこに関しては私はわかりません。

今の松井派のルールで試合をしたことのない私としては、以前のルールより体力がないとだめなのかどうか、今の方が勝つのは至難なのかどうかは判断のしようがないです。

でも、試合を観賞する限り、「つまらないな!」というのが正直なところでしょう。

ちょこっと当てて、すぐに決めをとれば技ありなんていう試合をみていては。

これは新極真会の試合を見て、相当興奮度が違うのがわかるでしょう。

やはり新極真会の試合のほうがみていて全然興奮する、というのが正直なところです。

しかし、比較するともう違う流派のようですね。

同じ極真空手をしている団体なのに、ルールが違うために、他の流派のようです。

今の松井派のルールに関して批判している人は多いですね。

空手の理念を歪めるルールだというような論調が目立ちます。

このルールに改訂される前に、松井派に所属していた中村誠師範は、松井派を除名になった後、極真会館中村道場を設立しましたが、その時、また以前のルールに戻して大会を開催しています。

その方が正しいでしょう。

戻した中村誠師範に敬意を表します。

sanpinnakamura.jpg
 右が中村誠師範

このようなルールで勝っても私としては嬉しくないんじゃないかという気がします。

それに、ここ3回全日本大会では、日本人がベスト3を独占していますし、そのことで、来年の世界大会でも日本人が優勝できるのではないかと思います。

これまで3回連続して外国人が優勝していますから、今度こそはと期待している人も多いでしょうがし、実際日本人が優勝したとしても、私は歓喜にむせぶことはないだろうなと思います。

このルールで勝ったって、嬉しくもないし、ああそうなの…というくらいで終わってしまうのではないかと思いますね。

続きは次回に譲ります。

obammaGP_0139








・ホーム
・メルマガ登録

前々回において、怪我は外部に言うなということを書きましたが、そのことを続きを書きましょう。

2年前の新極真会の全日本大会において、島本雄二選手は世界大会のディフェンディングチャンピオンとして出場しました。

yujifault
   島本雄二

しかし、テレビでみるところ、何かぎこちなさが見えたのも正直なところでした。

やはり足の運び方が、通常のとは違うのがわかりました。

いつもならもっと速く動くのに、何か遅い。

怪我をしての出場だったか、あるいは勝ち上がるごとにダメージを負ってしまったかはわかりかねますし、その両方だったのでしょう。

しかし、日本中から集まる強豪を相手に堅実な組手で勝ち上がっていったのはさすがという言葉が似合いでした。

一番すごかったのは、準決勝で効き足と反対の足で、溜めを作らずにノーモーションで上段蹴りを出し、見事技ありを奪い優勢勝ちを収めたことですね。

これは極真空手の創始者である大山総裁が若かりし頃、海に行ってひざまでを水につけて蹴りを出す訓練ですが、これを総裁は1日に何千本も蹴ったようです。

館
大山総裁

この練習をすることで、効き足でない足でノーモーションで蹴りを出すことが出きるようになるのですが、これは見た目以上に難しい難事なのですね。

私もこれを海に行ったときにやってみましたが、予想以上にきついことでした。

見た目は簡単そうに見えますが。

そのようなきつい稽古をくまなくやってきたからこそ、島本選手準決勝という場で、技ありを奪うほどの威力を出してやったのですから凄いの1言につきます。

GRP_0649.jpg


しかし迎えた決勝では、やはりそのダメージが裏目に出て、本来の動きができていないのがわかりました。

相手の入来選手の下段を受けて、バランスを崩していた場面が多々ありました。

しかし、こんな満身創痍でありながら、決勝まで来たのは凄いですね。

しかし、そんな状態では相手がラッシュしてきても手わざだけで対処しようとしても、足に爆弾を抱えている状態では、踏ん張りが効かず手打ち状態で、しかも横に動いてカウンターを合わせることもできず、躱すこともできない状態で、やはり劣勢になっているのが明らかでした。

itikaraGRP_0034
第48回全日本大会決勝(島本 VS 入来)


それで、あえなく本戦終了。

全部旗が相手にたなびき、これまで5戦連続で勝ってきた入来選手に初めて勝ちを奪われたのでした。

怪我をしていたのは明らかでしたが、それでも島本選手からはけが云々のことはインタビューでは語られぬことでした。

そういった事は島本選手のみならず、いろんな選手にあることです。

決して自分が怪我をしていたことを外部に言わない。

言うと心に甘さが出て、試合にその甘えが出てしまうのですね。

だから言うべきではないのですね。

上手くいかなかったことについて外部から肯定的なこと、否定的なこと両方言われるでしょう。

しかしその時に、自分の中で知的武装をして、心の中で整理して次につなげる。

そして修練に励む。


それで、島本選手は次の年に、入来選手に見事リベンジを果たすのですね。

しかもまた決勝という舞台で叶えたのですね。

自分が負けた、そのことで自分の心の中で整理をするのがいいのですね。

自分のいい点、悪い点、それを距離を置いて見ながら焦らずゆっくりと整理して、いい点を更に伸ばし、悪い点は矯正する。

その経緯は大事ですね。

決して悪いところだけをみる近視眼的な思考法に陥らずに客観的に見るのが重要ですね。

その際に、悪いことは声にしてはいけないのですね。

古来から言われているのは、声にするとそれが潜在意識の中に溶け込んでしみ込んでしまいマイナスの行動を呼び寄せてしまうということですね。

そういうことは誰しも経験のある事ではないでしょうか?

しかしいいことを声にしていえば、良き行動を呼び込むことができるのです。

こういうことも誰しも経験のある事ではないでしょうか?

悪いことは声に出さずに、良いことは声に出す。

そのことでプラスのスパイラルを呼びおこすのですね。

これはこと空手でもできる事なのです。

参考にしてくださいませ。

今回はこれにて失礼いたします。

iwamokun








・ホーム
・メルマガ登録

こんにちは。

前回は、島本雄二と木山仁両選手の体格と体重がともに一緒であり、木山選手が世界大会で優勝したので、島本選手には来年の世界大会にはものすごい期待を抱いているということを話しました。

yujifault
   島本雄二

ファイル0091 (4)
   木山仁

普通、身長176センチから177センチくらいなら88キロくらいなのですが、彼らの場合その値をかなり上回っているのですね。


木山選手の場合、ウェイトトレーニングをそんなに取り入れずに、ミットを連続で1時間以上蹴り込み、砲丸投げでパンチ力を強化したということですね。

これで、筋力のチューニングアップが大幅に施され、あの体重(=92キロ)になったということですね。

その筋力アップされた身体から繰り出される技はまさに一撃必殺ならぬ一触必倒の技というにふさわしいでしょう。

ちょっと触れるだけで致命傷の技になってしまう。

左の溜めの効いていない足でけった蹴りが、腰プロテクターをつけた重量級の相手を悶絶させて倒してしまったのですから、そういう表現こそが正しいでしょう。

しかし、そういった強烈な技があっただけでなく、木山選手の場合、技に多彩さがあるのですね。

上段の回し蹴りは当然ながら、縦蹴り、内回し蹴り、外回し蹴り、そして前蹴りと相手がガード、あるいは捌かないことには致命傷になってしまう技を多く持っていたからこそ、海外の強豪しかもトップレベルの強豪たちが自分の組手をすることができずに木山選手に敗北していったのですね。

大事なのはもう1点。

その、ガード、あるいは捌かないことには致命傷になってしまう技を多く持っていただけでなく、木山選手は延長戦でも敢然と出せるようなトレーニングを重ねてきたということが重要なのですね。

GRP_0004.jpg


延長を重ねるとどうしても、息が上がって、疲れて、下段とパンチ、出せても中段がやっという状態になってしまうと勝てないことがままあります。

上段蹴りは自分に有利に組手を運ぶためには必要な技なのですね。

ですから、サンドバッグをフリーで打ち込むスタミナトレーニングの際には、そういう技を交えながら、しかも後の順になったら、その時こそ上段蹴りを交えてトレーニングをしていかないといけないのですね。

前蹴り


そういった技を交えずにスタミナだけ養成しても勝ちにくいことはわかっていただければいいでしょう。

そのことを意識してやっていきましょう。

延長を重ねても、島本、木山両者とも上段蹴りや前蹴りを敢然と出せるのですね。

また、相手が猛然と攻撃してくるときにも、自分の技を敢然と出せるために必要なのは移動稽古であり、型の稽古なのです。

ファイル0081


そういう事を意識していきましょう。

どうかそこを理解していただいたら光栄に存じます。

●弊社お勧めの冊子は以下です。

発行から8年たっていますがいまだに売れています。

興味ある方はどうぞ!

http://karate-rush.info/index.html


今回はこれにて失礼いたします。

ここまでの精読いただき感謝いたします。

attractGRP_0088








・ホーム
・メルマガ登録

こんにちは。

新極真会のエースに決定した島本雄二選手の体重をみて思った事があります。

yujifault
    島本雄二

それは、15年前の極真会館(松井派)の世界大会で優勝した木山仁選手の体重と同じということですね。

ファイル0091 (4)
    木山仁

2人とも92キロですね。

島本選手は177センチ、木山仁選手は176センチ

体格も体重もほぼ一緒ということですね。

しかし、2人のこれくらいの身長ならば、たいてい88キロとか87キロくらいなのが普通ですが、2人ともそれ以上のレベルに達している。

木山選手は、鍛錬法はかなり驚異で、1時間以上ときに1時間半以上も蹴りをミットに全力で叩き込み続けるのですね。

パンチは砲丸投げで鍛えたのです。

勿論打ち込みもしました。

そういった鍛錬法によって空手用の筋力が体にチューンナップされ、鍛冶のように炙られ一撃必殺、いや一触必倒の技になりえたのですね。

2002年の全日本大会のビデオを見ると、大会前の練習風景も映され、足にサポーターをつけて、相手は胴に防具をつけてスパーリングをするところが映されました。

しかし、渾身でなく、左の溜めが効いていない足から、蹴りを相手のボディに出すも、相手は悶絶して倒れてしまいました。

こういうことが可能なのは、1時間以上もミットをけり続ける練習のたまものでしょう。

空手とは本来こういう組手を目指すものであるはずです。

こういう蹴りを出せるからこそ、木山選手が相対した海外、特にブラジルロシアの有力選手達は、木山選手に対して攻めあぐね、あるいは警戒するあまり全力で攻撃を出せない状態になっていた。

ゆえに木山選手は、自分の組み手ができたのでしょう。

一撃必殺いや一触必倒があるから、相手が警戒する。

所謂、抑止力ですね。

木山


抑止力は防御の技術が最大のモノではないのです。

「攻撃こそは最大の防御なり」とはよくいったものですね。

相手を効かすためには、最大限の攻撃力がないといけません。

相手の攻撃を抑止するには、相手に最大限の警戒をさせなくてはなりません。

そのためには攻撃力を最大限に向上させることが最も大事なのです。

攻撃、防御両方を向上させるためには攻撃力が一番大事ということですね。

逆説めいていますが。

しかし、島本、木山両方とも、かなりの攻撃力があるのは驚異ですね。

この身長で、この体重があるということは、かなり蹴りこんでいるのがわかります。

これ以上の体重があるパターンはありますが、それでも勝ち上がらなければ意味がないのです。

島本選手のトレーニングの詳細は知らないので、ここでは割愛し、わかり次第書こうとは思いますが、木山選手の場合、ウェイトトレーニングよりも、蹴りこみによってここまで体重アップをしたのがわかります。

確かに、ウェイトには取り組んでいたのはわかります。

しかし、ベンチプレスは90キロ未満が最大であったというのは雑誌で知りました。

しかし、突きは砲丸投げで、蹴りは1時間以上の蹴りこみで養ったものです。

それでこの体重になったのがわかりました。

これをどうとらえるかは人それぞれです。

このトレーニングを取り入れて自分も体重アップを図ろうと考えるのか。

あるいは、ウェイトトレーニングこそが大事だから、こちらを重視しようと考えるのか。

どちらを選択するかは、それぞれの自由です。

どちらを採択すれば勝てるようになるかは、私にはわかりません。

非常に責任逃れな話ですが(苦笑)、神のみぞ知るということでしょうか。

吟味に吟味を重ねて採択してください。

あるいは両方のミックスでもいいですし、別の道の採択でもいいでしょう。

いろいろ試行錯誤して得た結果こそが自分の行くべき道であることは間違いないでしょう。

いずれにせよ、体重アップをしなければ、空手では勝てないのは明らかです。

しかし、島本選手の体重アップは驚異ですね。

simayue

試合を見る限り、蹴りにも突きにもチューンナップがほどこされ、一発でもクリーンヒットしたらどうなるのだろうと寒気がするほどのレベルを感じます。

来年の世界大会には期待がものすごい持てますね。

以上参考にしてくださいませ。

失礼いたします。

kakuyoGRP_0072








・ホーム
・メルマガ登録

sintyan

こんにちは。

前回の続きをしましょう。

今年の新極真会の全日本大会で、ベスト4までが来年の世界大会への出場を確約されました。

しかし過酷ですね。

ベスト8入りするだけでも非常に難しいのに、それだけでは世界大会に出れないというのですから。

特に、軽量級や中量級の選手にとっては過酷なトーナメントを勝ち抜いたのに、ベスト8入りだけでは出場できないというのですから。

でも、「体重無差別のトーナメントでベスト8入りできた!」という自信をつけれたのですから、来年におこなわれるウェイト制へは気張って出場することでしょう。

要は考え様ということですね。

選手には頑張ってほしいものですね。

しかし、2年連続してベスト4入りした来建武選手、前田勝汰選手は残念でした。

前田選手は、ベスト8止りでしたが、入来選手ベスト8入りならずでした。

しかし、2年連続してベスト4入りした実績を買われれば、もしかしたら来年のウェイト制には出場せずとも、推薦で出場できる可能性もありますね。

そこはどうなるかわかりませんが、見守っていきたいです。

しかし、気になるのは入来選手ですね。

48irikiGRP_0033
   入来建武(右)

前年の全日本大会決勝に進みましたが、本戦で決着をつけようとしたか全力を出して終盤にラッシュするも、引き分け

そして、延長が始まるや何も攻撃を出すことをせずに、そのまま相手の島本選手の技を受けるだけの防戦一方で、島本選手が上段蹴りを出せすも受ける事すらできずに、もらうだけで技あり

続行でも、また同じような展開で技あり


合わせ一本負け。

これは、今からさかのぼること23年前の極真会館(松井派)の世界大会の準々決勝を思いだしました。

数見肇vs グラウべ.フェイトーザ(ブラジル)の試合ですね。

この時、グラウべ選手は、前の試合で市村直樹選手に勝つものの、強烈な下段蹴りをいくつも受けて、大きなダメージを負っていたのですね。

そのため、長引いては不利になるからと、本戦で決着をつけようと、最初からどんどんラッシュをかけました。

kazvsgla
数見肇vs グラウべ.フェイトーザ(第6回世界大会.松井派)

ボディへの突きを連打に連打していきましたが、日本の準エースである数見選手のボディは鋼鉄のように固く、なかなか倒れません。

しかし、虚をついた数見選手の下段蹴りが30発以上グラウべ選手の足をとらえ、がたつきます。

それが印象になって、あれだけの猛攻をしても本戦は引き分け

その下段蹴りが功を奏し、グラウべ選手は立っているのがやっとの状態で、延長が始まると、数見選手の下段蹴りが右足にさく裂し、ついに前のめりに崩れ技あり。

再開後、同じような展開で技ありが告げられ、数見選手合わせ一本勝ちが決まりました。


こんな展開を思いだしたのですね、昨年の全日本決勝をみたら。

そして、この敗戦を反省材料にして入来選手の捲土重来を期待していたのですが、練習前の怪我のせいか、あるいは試合に勝ちあがる途上で怪我を負ってしまったのかはわかりかねますが、ベスト8入りする前に下段蹴りで一本負け

気になるのは、入来選手の身体の状態ですね。

irikikenbu.jpg


昨年の決勝での負け方、また今回の全日本での負け方…非常に気になるのですね。

内臓の調子が悪いのか、慢性的に怪我体質になってしまったのか…でもまだ入来選手20代前半ですから、そんな心配をする必要はないのでしょうか。

しかし、本人にしか内状はわかりません。

それは外部にいわない方がいいのですね。

いやいうべきではないでしょう。

言うことによって、自分の弱みを見せてしまい、心に甘えが生じてしまい、修練にも積極性がなくなってしまうのですね。

新極真会緑健児代表91年世界大会の3日目の試し割りで、正拳の際に骨折に近い怪我を負ってしまったのですね。

緑
 緑健児

しかし、それを師範にいわなかったのだそうです。

言うと心に甘えが生じるからということですね。

しかし脅威ですね、そんな怪我を負いながら、見事優勝までしてしまうのですから。

やはり調子が悪くとも、怪我をしても決して外部にいわない。

こういうことは非常に大事ですね。

そんな緑代表の姿勢を学んでほしいものです。

しかし、入来選手には捲土重来を期待していたいと思います。

あれだけのセンスと、精神的なタフさ、技の強力さをもった空手界の逸材なのですから、そんな姿勢を勇姿に変えて来年の世界大会では活躍してほしいものですね。

尚、今回の全日本大会はJ-SPORTSにおいて放映されるようです。
https://www.jsports.co.jp/fighting/

annanagL_0017

・ホーム
・メルマガ登録








今回はこれにて失礼いたします。

ご精読ありがとうございました。